« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | トップページ | 古いスコア(年代物) »

ブラームス セレナード第1番

music CD

 ■ J・ブラームス作曲/セレナード第1番

 ブラームス初期の管弦楽作品。当初は室内楽編成のために書かれ(第4楽章にはその名残が見える)、後に管弦楽編成に編曲されたもの。

 6楽章形式。第3楽章(アダージオ)は演奏によっては15分近くかかるけれども、第5楽章などは3分弱で終わってしまう。

 それなりの長さを持つ、1,2,3,6の4楽章を抜粋すれば規模的には『交響曲』と言えるかもしれないけれど、内容的には、はるかにリラックスした雰囲気がある。ただ、音楽は紛れもなくブラームスそのもの。

cd

 Img169

 ▲ R・シャイー指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 2014年録音。イチ推し。

 決して重苦しくならない、速めのテンポで溌剌と、活き活きとした音楽は、ブラームス若書きの音楽に相応しい。オーケストラも素晴らしく、第3楽章の暖かいサウンドなど、まず申し分ない演奏。

 カップリングは「セレナード第2番」。


 Serenades_m

 ▲ C・マッケラス指揮/スコットランド室内管弦楽団

 1998年録音。

 ナチュラル・ホルンによる開放的なサウンド(特に第1、5楽章)、『室内管弦楽団』らしい、重苦しくないスッキリとした味わいがこの曲にはピッタリで、冗長さを感じさせない。


 Img075

 ▲ E・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 1977、1978年録音。ボールトは1889年生まれなので、90歳近くの録音。

 しかし、ふんぞり返った大家然としたところは全く無く、何とも肩の力が抜けてリラックスした、飄々とした雰囲気の音楽。ケルテスやマッケラスが14分かけている第4楽章も8分しかかかっていない。

 ヴァイオリンは対向配置、でも昨今のピリオド奏法などとは無縁。暖かく落ち着きのあるサウンドは、聴いていてホッとする。嗚呼、このように年を取りたいものだ。

 ちなみに、作曲者のブラームスが亡くなったのが1897年なので、ボールトが8歳の時までブラームスは生きていたのだ!


 Img076

 ▲ I・ケルテス指揮/ロンドン交響楽団

 1967年録音。

 明るいサウンドの溌剌とした演奏。

 ホルンの強奏と共に、大らかで伸びやかな第1楽章。ロマンチックな第3楽章は「セレナード」というタイトルに相応しい音楽。符点のリズムが力強い、堂々とした終楽章もいい。


 Img077

 ▲ G・ヴァント指揮/ケルン放送交響楽団

 1968年録音。

 とても生真面目な印象の演奏。オケのサウンドはいいけれども、音楽は重い。『硬派』と言えるのかもしれないけれども、こういう曲は、ひたすら明るいケルテスの方が好き。

|

« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | トップページ | 古いスコア(年代物) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62881358

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス セレナード第1番:

« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | トップページ | 古いスコア(年代物) »