« 都響A定期(M・ザンデルリンク) | トップページ | 都響B定期(ミンコフスキ) »

コープランド リンカーンの肖像

music CD

 ■ A・コープランド作曲/リンカーンの肖像

 管弦楽とナレーションのための作品。大きく3つのセクションから構成されている。

 最初は荘重な雰囲気の音楽に始まり、作曲者によると「リンカーンのパースナリティをとりまく神秘的な宿命感」、「リンカーンの心のやさしさと純真さ」を暗示している。

 急に(subito)テンポを速めた第2のセクションでは、「リンカーンが生きていた時代の背景」が描かれ、フォスター作曲の「草競馬」も引用される。

 この2つの主題が重なりつつ、リンカーンの演説を引用したナレーションが加わる最後のセクションへと繋げて行く。ここまではオーケストラだけによる演奏。

 以後(第3のセクション)は完全にナレーションが主役。オーケストラは「リンカーン自身の言葉に対して簡素ながら印象に残るような額縁」の役割を与えられる。

 音楽そのものは紛れも無いコープランドのものではあるけれども、問題はナレーションが入ってきてから。

cd

 Img098

 ▲ E・カンゼル指揮/シンシナティ・ポップス・オーケストラ

 1985,86年録音。ナレーションは女優のキャサリン・ヘップバーン。

 ナレーションは決して『リンカーン役』ではないので、女性が担当しても問題はないのだけれど、これがすごくイイのだ。ポップス・オケの演奏と侮ること無かれ。

 この曲については、どういう風に聴けば(楽しめば)いいのかピンと来なかったのだけれども、このカンゼル盤を聴くと「なるほど、こういうのも有りか」と思ってしまう。

 年老いた婦人が、静かに思い出話を語っている...そんなシチュエーションが見えてくる。音楽も含めて、ハリウッド映画の1シーンが浮かんでくるような味わいがある。

 さすが名女優。きっちりと『世界』を作っている。

 シュワルツコフが現在進行形ならば、こちらは過去形。セピア色の思い出話。


 Img097

 ▲ L・スラットキン指揮/セントルイス交響楽団

 1991年録音。ナレーションはN・シュワルツコフ(@湾岸戦争時の米国中央軍司令官)。

 そのナレーションは演説風。内容はともかく、「そういう話は、別の場所でやってくれ」と言いたくなる。


 Img099

 ▲ A・コープランド指揮/ロンドン交響楽団

 ナレーションは俳優のH・フォンダ。ドキュメンタリー映画風。

 オーケストラは1968年ロンドンで、ナレーションは1971年ニューヨークでの録音。

|

« 都響A定期(M・ザンデルリンク) | トップページ | 都響B定期(ミンコフスキ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62533922

この記事へのトラックバック一覧です: コープランド リンカーンの肖像:

« 都響A定期(M・ザンデルリンク) | トップページ | 都響B定期(ミンコフスキ) »