« ウォルトン 「スピットファイア」前奏曲とフーガ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ハイティンク&RCOのライブ映像) »

ウォルトン 「ヘンリー5世」組曲

music CD

 ■ W・ウォルトン作曲/「ヘンリー5世」組曲

 Img188

 ▲ C・グローヴズ指揮/ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

 1983年録音。

 1945年に製作された同名の映画(監督・主演はローレンス・オリヴィエ)のために書かれた音楽から、ミューア・マシーソンが作曲者の承認を得て編曲した演奏会用組曲。

  1.序曲「グローヴ座」
  2.パッサカリア「ファルスタッフの死」
  3.突撃と戦闘
  4.彼女の唇に触れて分かれなん
  5.アジンコート・ソング

 「1」は、まさに「これからお芝居が始まる」といった雰囲気のルネサンス風音楽。華やかなトランペット。

 「2」と「4」は弦楽合奏のための繊細で美しいナンバーで、この2曲だけ取り出されて演奏されることも。

 「3」は打楽器、金管も活躍するドラマチックな展開を見せ、終結部では「オーベルーニュの歌」の「バイレロ」が引用。この曲はプロコフィエフ作曲の「アレクサンドル・ネフスキー」(「氷上の戦い」)の影響を受けているように思える。

 「5」は金管楽器が晴れやかに、高らかに民謡に基づくメロディを奏する大団円。

 構成もよく変化に富んでいて、とても聴き応えがある『組曲』になっている。

 そして、LP時代に愛聴していたグローブスの録音が、ようやくCD化されました。嬉しい!!

cd

 Img139

 ▲ A・プレヴィン指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1986年録音。グローヴズの録音がCD化されるまではこれを聴いてました。大人しい感じがしてちょっと物足りない。ただ、カップリング(メイン)の「ベルシャザールの饗宴」は◎。


 Img134

 ▲ W・ウォルトン指揮/フィルハーモニア管弦楽団

 作曲者自身の指揮による1963年の録音。活き活きとした演奏だけれども、『聴かせる』というところではグローヴズに一日の長が。


 Marriner_em

 ▲ N・マリナー指揮/アカデミー室内管弦楽団

 弦楽合奏のための2曲(「ファルスタッフの死」「彼女の唇に…」)を収録。

|

« ウォルトン 「スピットファイア」前奏曲とフーガ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ハイティンク&RCOのライブ映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62658034

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルトン 「ヘンリー5世」組曲:

« ウォルトン 「スピットファイア」前奏曲とフーガ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ハイティンク&RCOのライブ映像) »