« 伊福部昭の自画像(DVD) | トップページ | 都響定期(大野和士) »

外山雄三 管弦楽のためのラプソディ(岩城&N響)

music CD

 ■ 外山雄三作曲/管弦楽のためのラプソディ

 クリックで拡大します

 ▲ 岩城宏之指揮/NHK交響楽団

 1961年(昭和36年)、文京公会堂での録音。

 私が小さかった頃(「N響アワー」よりも前の時代)、TVで放送されるN響のコンサートの指揮者は、ほとんどが岩城さんだった。

 今みたいに映像ソフトが出回っていない、レコードも高価だった時代。一番馴染み深い指揮者が岩城さん。

 佐渡さんがベルリン・フィルを振ったことで大騒ぎになったけれども、岩城さんもベルリン・フィルだけではなく、ウィーン・フィルの定期演奏会にも出演されているのだ。

 そして、この「ラプソディ」。

 N響初の海外演奏旅行のアンコール・ピースとして1960年に作曲された曲で、初演はこのコンビ。

 人気曲で録音もいくつかあるけれども、この岩城&N響を超える演奏は聴いたことがない。

 まずは前半部のホルン(トップは千葉さん?)。ヘロヘロのピッチ、ヤケクソ気味の「ソーラン節」は、とても素面(しらふ)で吹いているとは思えないけれど、この曲をお上品に吹いたってしょうがない。

 当時首席奏者だった吉田雅夫氏が吹く中間部のフルート・ソロは、装飾音など自由に付けておられるけれども、さすがに素晴らしい雰囲気が出ている。これぞ『日本の笛』。

 日本の高度経済成長期。イケイケのパワーと勢いがあり、岩城さん、千葉さん、吉田さん、皆亡くなられてしまったけれど、まさに、その時代でしかあり得ないような、まさしく『歴史的な演奏』。

cd

 その他のCD

 Img094

 ▲ 沼尻竜典指揮/東京都交響楽団

 2000年録音。「八木節」の前に掛け声(「ハッ!」)が入っています。

 Img041

 ▲ 手塚幸紀指揮/NHK交響楽団

 1986年録音。

|

« 伊福部昭の自画像(DVD) | トップページ | 都響定期(大野和士) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62446849

この記事へのトラックバック一覧です: 外山雄三 管弦楽のためのラプソディ(岩城&N響):

« 伊福部昭の自画像(DVD) | トップページ | 都響定期(大野和士) »