« ハチャトゥリアン 交響曲第3番「交響詩曲」 | トップページ | 日フィル定期(インキネン) »

アルベニス(デ・ブルゴス編) スペイン組曲

music CD

 ■ I・アルベニス作曲(デ・ブルゴス編曲)/スペイン組曲

 Img120

 ▲ R・フリューベック・デ・ブルゴス指揮/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

 1967年録音。ピアノのための組曲からの編曲。

 ただし、オリジナルとは曲順を変えて、「キューバ」を「コルドバ」(組曲「スペインの歌」から)に差し替え。カッコ内がオリジナルの曲順です。

  1.カスティーリャ(7)
  2.アストゥリアス(5)
  3.アラゴン(6)
  4.カディス(4)
  5.セビリア(3)
  6.グラナダ(1)
  7.カタルーニャ(2)
  8.コルドバ

 同じ作曲者の「イベリア」に比べると、はるかにシンプルな音楽で、ストレートにスペイン情緒を楽しめる。

 ブルゴスのオーケストレーションは打楽器も色々加え、カラフルで変化に富み、原曲にはないフレーズを加えたり、どことなくストコフスキーを思わせるところもある。個人的にはちょっとしつこい感じもするけれど...。

 そんな中、「グラナダ」は後半の再現部を情感豊かに盛り上げた名編曲。


 Batiz

 ▲ E・バティス指揮/メキシコ州立交響楽団

 ブルゴス盤とは違い、最後の「コルドバ」以外の曲順を、オリジナル(ピアノ版)通りに並べ替えている。

 ブルゴス自身の指揮による録音に比べると、オケのせいもあってか、よりローカルな雰囲気が出ていて面白い。

 賑やかさ、元気のよさは相変わらずだけれど、それだけではなく、「グラナダ」の中間部のように、テンポを落としてじっくりと表現するような部分も見られる。

 最後の「コルドバ」も、ブルゴスよりもずっと遅いテンポで、素晴らしい余韻を持って組曲を閉じる。

 Batiz2

|

« ハチャトゥリアン 交響曲第3番「交響詩曲」 | トップページ | 日フィル定期(インキネン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62617824

この記事へのトラックバック一覧です: アルベニス(デ・ブルゴス編) スペイン組曲:

« ハチャトゥリアン 交響曲第3番「交響詩曲」 | トップページ | 日フィル定期(インキネン) »