« ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」から | トップページ | ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) »

ドリーブ バレエ組曲「シルヴィア」

music CD

 ■ L・ドリーブ作曲/バレエ組曲「シルヴィア」

 Delibes

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1959年録音。

  1.前奏曲と狩の女神
  2.間奏曲と緩やかなワルツ
  3.ピチカート
  4.バッカスの行列

 バレエ音楽から抜粋された組曲であるけれども、「前奏曲」冒頭の堂々とした主題が終曲の「バッカス…」でも再現され、とてもまとまりがいい。

 その「バッカス…」は、トランペット(とコルネット)の元気のよいファンファーレで始まり、トゥッティを挟んでそれが繰り返される時は金管のハーモニーが加わり厚みを増す。ここは文句なしにカッコよく、その後は様々な登場人物が次々と現れるように、優美にまた快活にと曲想が変化する。

 「緩やかなワルツ」は「コッペリア」の「ワルツ」に匹敵する素晴らしい音楽。「狩りの女神」ではホルンが大活躍する。

 私が昔から聴いているのはこのアンセルメ盤。

 硬質で、明るく輝かしいサウンド。ただ、昨今の聴き易い演奏と比較すると、キャラは強く、辛口の音がする。

 とは言うものの、中間2曲は申し分ないし、「狩りの女神」の中間部は「8分の6拍子、かく演奏すべし」という『お手本』のような見事な演奏。

 これは輸入盤2枚組。カップリングは「コッペリア」全曲と、「ダフニスとクロエ」第2組曲。


 Ormandy_d

 ▲ E・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1963年録音。

 「前奏曲と狩りの女神」と「バッカスの行列」で何箇所か大きなカットがあって、特に前者は『継ぎ接ぎ』といった感もある。

 こういうカットは当時の慣習だったのかもしれないけれども、演奏がいいだけに残念。

 国内廉価盤。カップリングは「コッペリア」と「レ・シルフィード」。


 Delibes_d

 ▲ C・デイヴィス指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1996年録音。

 明るい雰囲気を持った演奏で、「狩の女神」ではホルンが大活躍する。

 それなりに楽しめるけれども、アンセルメやオーマンディに比べると、『軽量級』という印象もある。

 例えば「バッカスの行列」での弦楽器による優雅な第2主題も、いかにも薄味。


 Ballet

 ▲ C・マッケラス指揮/ニューフィルハーモニア管弦楽団

 1968年、1969年録音。

 「前奏曲」がカットされていて、いきなり「狩りの女神」から始まる。

 しかしながら、すべてにバランスのとれた、申し分のない演奏。やっぱり、マッケラス最強!

 なにが目当てで買ったCDか覚えていないのだけれども...カップリングは「コッペリア」、「ファウスト」のバレエ音楽、「二羽の鳩」(メサジェ作曲)。

|

« ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」から | トップページ | ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62462128

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーブ バレエ組曲「シルヴィア」:

« ドリーブ バレエ音楽「コッペリア」から | トップページ | ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) »