« ドリーブ バレエ組曲「シルヴィア」 | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(フェドセーエフ) »

ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像)

music DVD

 ■ M・ムソルグスキー作曲(ゴルチャコフ編曲)/組曲「展覧会の絵」

 Img026

 ▲ K・マズア指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 1993年ライブ録音。モスクワ音楽院教授のセルゲイ・ゴンチャロフによる編曲版。

 同じくマズア指揮によるCDも出ているけれども、未知の編曲なので映像の方が断然面白い。

 最初の「プロムナード」はトランペットのユニゾンで演奏されるけれども、以後は弦楽器を中心に演奏されて、ラヴェル版のよう変化は無い。

 解説にあるように「ロシア的な性格を強めている」とも言えるけれども、「古城」のソロがミュートを付けたトランペットだったり、「二人のユダヤ人」のソプラノ・サックスなど、かなりモダンなサウンドになっている。

 強奏で始まり、分厚い弦楽器をバックにホルンがメロディを奏する「牛車」はオリジナルのイメージ通りといえる。

 マズアは1971年にライプチヒで東独初演、1981年に読売日響を振って日本初演している。

 完全にこの曲(編曲)をレパートリーにしているようで、堂に入っている。またオケもそれに応えて見事な演奏を聴かせてくれる。

 好き嫌いは別にしても、ラヴェル版と比べて決して聴き劣りするものではなく、日本のオケでも演奏してほしい。

 Img017

 ▲ K・マズア指揮・ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 こちらはCD。1990年録音。


|

« ドリーブ バレエ組曲「シルヴィア」 | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(フェドセーエフ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62372749

この記事へのトラックバック一覧です: ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像):

« ドリーブ バレエ組曲「シルヴィア」 | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(フェドセーエフ) »