« 櫛田てつ之扶 飛鳥 | トップページ | レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 »

ヴァイル 小さな三文音楽

music CD

 ■ K・ヴァイル作曲/小さな三文音楽

 音楽劇「三文オペラ」をベースにした組曲。クレンペラーが初演。

  1.序曲
  2.切り裂きマッキーの殺しの歌
  3.代わりにのソング
  4.快適な生活のバラード
  5.ポリーの歌
  6.タンゴ・バラード
  7.大砲ソング
  8.三文フィナーレ

 編成は12人の管楽器と、打楽器、ピアノ、ギター、バンジョー、バンドネオン。

 管楽器の編成は以下の通りで、これは原曲の楽器編成とは異なっています。

  Flute 2 (Piccolo持ち替え)
  Clarinet 2
  Bassoon 2
  Alto Saxophone
  Tenor Saxophone(Soprano Saxophone持ち替え)
  Trumpet 2
  Trombone
  Tuba

 ポピュラー音楽のテイスト。猥雑で雑草のようなパワーがあり、序曲やフィナーレのコラールは、形式ばった様式としての『クラシック音楽(オペラ)』のパロディか。

 中でも私が好きなのは「ポリーの歌」。ギターの爪弾きを伴奏にクラリネットがメロディを歌う。それをフルートが引き継いで、最後のアルト・サックスによる一節がまたイイのだ。

cd

 Img076

 ▲ D・アサートン指揮/ロンドン・シンフォニエッタ

 1975年録音。T・トーマス盤と比べると、よりシャープな切れ味がある。トロンボーンのソロがいい。


 Img077

 ▲ M・T・トーマス指揮・ロンドン交響楽団のメンバー

 1988年録音。より洗練された味わいがあって、こちらも捨てがたい。サキソフォンが◎。


 Img080

 ▲ O・クレンペラー指揮/フィルハーモニア管弦楽団

 1961年録音。初演者による録音だけれども、残念ながら3曲目をカット。ただ、シリアスな演奏で、サキソフォンも独特の雰囲気を出している。

pencil

 ちなみに、スコアが日本楽譜出版社(ニチフ)から出版されています。

 Weill

 http://nihongakufu.com/score/archives/post_213.php

|

« 櫛田てつ之扶 飛鳥 | トップページ | レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62478667

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイル 小さな三文音楽:

« 櫛田てつ之扶 飛鳥 | トップページ | レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 »