« ムソルグスキー(ストコフスキー編) 組曲「展覧会の絵」(バーメルト) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」(アンセルメ) »

クニッペル コムソモール戦士の詩

music CD

 ■ L・クニッペル作曲/交響曲第4番「コムソモール戦士の歌」

 Img039

 ▲ V・ドゥダロヴァ指揮/モスクワ交響楽団

 有名な「ポーリュシカ・ポーレ」の原曲がこの曲。ちなみに作曲者のクニッペルは交響曲を20曲も作曲しているらしい。

 第1楽章は激しく始まり(金管のフラッターがゲンダイ音楽っぽい)、緊迫した曲想が続く。これは戦いの音楽だろうか。

 「ポーリュシカ・ポーレ」は最初はホルンに現れ、その後テノールのソロによって歌われる。所々に現れるこのメロディがアクセントになっていて、この楽章は結構楽しめる。最後はタンバリンのリズムが遠くへ消えていく。

 第2楽章は(またもや)ゲンダイ音楽っぽい出だしから、打楽器のリズムに乗った民俗舞曲風の音楽に。この楽章以後も「ポーリュシカ・ポーレ」のエコーが聞こえてくる。

 そして、終楽章では軽快でポップなリズムに乗ってコーラスが歌う、いかにも大衆的な、なんだかソビエト歌謡みたいな雰囲気。こうなってしまうと、この曲が今では演奏されることが無くなったのも納得できる。

 指揮のドゥダロヴァは、知る人ぞ知るロシアの女流指揮者(1916年生まれ)、2009年の1月に92歳で(!)亡くなられました(合掌)。

|

« ムソルグスキー(ストコフスキー編) 組曲「展覧会の絵」(バーメルト) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」(アンセルメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62386082

この記事へのトラックバック一覧です: クニッペル コムソモール戦士の詩:

« ムソルグスキー(ストコフスキー編) 組曲「展覧会の絵」(バーメルト) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」(アンセルメ) »