« ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) | トップページ | 都響定期(ダイクストラ&スウェーデン放送合唱団) »

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(フェドセーエフ)

music CD

 ■ M・ムソルグスキー作曲(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」

 Img021

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1977年録音。フェドセーエフ最初の「展覧会の絵」の録音。

 最初の「プロムナード」でのトランペットのレガート奏法...これが指揮者フェドセーエフが私の前に登場した瞬間だ。

  当時は全くの無名指揮者だったフェドセーエフ。このCDの解説はLP発売当時(1978年)のものを流用しているけれども、そこには以下のように書かれている。

 「ウラジミール・フェドセーエフといってもピンとこない人が居るかもしれないが、1932年レニングラードで生まれたソビエトの中堅であり、(中略)レコードは今までにショスタコーヴィチの「第五」が一枚出ているだけである」

 フェドセーエフはそれぞれの『絵』を徹頭徹尾、見事に描写している。

 猛烈な勢いで始まる「こびと」の静と動のコントラスト。終始抑制された「古城」。「牛車」は重苦しく悲劇的なものを内側に感じる。

 「2人のユダヤ人」のいかにも卑しいトランペット。「リモージュの市場」の喧騒。「バーバ・ヤガー」中間部へ入る前の思い切ったトランペット。

 3種類あるフェドセーエフの「展覧会の絵」の中でも...というより、私が聴いた「展覧会の絵」の中でも断トツに『面白い』録音。

|

« ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) | トップページ | 都響定期(ダイクストラ&スウェーデン放送合唱団) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62372766

この記事へのトラックバック一覧です: ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(フェドセーエフ):

« ムソルグスキー(ゴルチャコフ編) 組曲「展覧会の絵」(マズアの映像) | トップページ | 都響定期(ダイクストラ&スウェーデン放送合唱団) »