« クニッペル コムソモール戦士の詩 | トップページ | ウォルトン オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」(プレヴィンの映像) »

チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」(アンセルメ)

music CD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/バレエ音楽「白鳥の湖」

 Swan_ansermet

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1959年録音。

 昔は『全曲盤』として出ていたけれども、実質は『抜粋盤』で、カットや変更がされているナンバーもある。

 また、第1幕の「パ・ド・ドゥ」(No.5)は第3幕へ持って行かれている。

 演奏時間はトータルで80分強、全曲版の半分くらい。第4幕の「小さな白鳥の踊り」(No.27)が入っていないのが残念。

 いろいろあっても、自分にとっての「白鳥の湖」の(チャイコフスキーの?)原点がこの録音。

 『ロシア系』/『全曲版』に拘らなければこれ。

 当時は、例の「情景」くらいしか知らなかったのだけれども、こんなに面白い曲が沢山入っている曲なのかと驚いた。

 オーボエのテーマによる序奏からの幕開けの音楽、ワルツ、乾杯の踊り。第3幕のオープニング、ファンファーレからのワルツ、再びファンファーレが鳴ってドラマチックなオディール(黒鳥)の登場、そこから続けて演奏される「スペインの踊り」...。

 演奏については、何と言っても活き活きとしたリズム。明るく華やかな雰囲気と、品の良さ。

 第1幕「パ・ド・シス」の4曲目(No.3-4)は「8分の6拍子、かく演奏すべし」といったお手本のような演奏。

 ワルツでは落ち着いたテンポで終始『ワルツ』のリズムをキープしていて、この曲はどんどんテンポをアップして、ほとんどワルツの体をなしていない演奏も多々あるのだ。

 2枚組CD(ELOQEUENCE)。第1幕から第3幕の終わりまでを1枚目に、第4幕(8分ちょっと)を2枚目に収録。

 以前出ていた国内盤や海外盤(下記)は、第3幕の途中でCDが変わっていたのに比べると、こちらの方が嬉しい。

 カップリングは「悲愴交響曲」と「ロココ変奏曲」。しかし、アンセルメの「悲愴」なんて、昔は誰も相手にしなかったなぁ...。

cd

 その他のCD...

 Swan_ansermet2

 こちらは国内盤。カップリングはプロコフィエフ作曲の「シンデレラ」組曲から。

 Swan_ansermet3

 こちらは海外盤(CARACTERE)。カップリングはプロコフィエフ作曲の「ロメオとジュリエット」組曲から。

 上記2つはいずれも第3幕「ナポリの踊り」の後(「マズルカ」の前)でCDが変わります。

|

« クニッペル コムソモール戦士の詩 | トップページ | ウォルトン オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」(プレヴィンの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62386016

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」(アンセルメ):

« クニッペル コムソモール戦士の詩 | トップページ | ウォルトン オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」(プレヴィンの映像) »