« レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 | トップページ | パッヘルベル カノン »

アルチュニアン トランペット協奏曲

music CD

 ■ A・アルチュニアン作曲/トランペット協奏曲

 この曲、大昔は一部のロシア(ソビエト)音楽ファンが、こっそり聴いているような曲だったけれども(もちろんドクシツェルのLP盤を)、いつの間にか人気曲になってしまい、吹奏楽編曲版でも演奏されるようになってしまった。

 cd

 Doks1

 Doks2

 ▲ T・ドクシツェル

 G・ロジェストヴェンスキー指揮/ボリショイ劇場管弦楽団。1968年の録音。

 この曲はドクシツェルのために書かれ、スコアにはドクシツェル作曲のカデンツァが印刷されている。

 ソロだけで言えば、M・アンドレ盤も素晴らしいのだけれども、いかんせんオケが非力。その点、こちらは万全。

 この曲も、いつの間にか『人気曲』になってしまい、ドクシツェルのLPに涙していた昔からのファンは戸惑う感もある。

 吹奏楽も含めて演奏される機会も増えているけれども、曲そのものは作曲者の言うように『ショウピース』であって、結局ソリストの『芸』が全て。

 そういう意味で、まずはドクシツェルを聴くべし。格違いの演奏。


 Andre_2

 ▲ M・アンドレ

 モーリス・スーザン指揮/フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団。1984年録音。。

 ドクシツェルとはまた別のタイプの名演奏がこのアンドレ盤。

 都会的で洗練され、颯爽として、カッコイイ。要はドクシツェルとは真逆なのだ。
 
 当面、この2種類を持っていれば用は足りる。

 アルバムのタイトルは「アンドレ・20世紀を吹きまくる!」で、この「吹きまくる」というフレーズが、アンドレにぴったりする。ドクシツェルは決して「吹きまく」らない(きっと)。

 ただ残念なのが、オーケストラ。

 軽めのサウンドなのはともかくとして、木管楽器が何とも頼りない(ピッチも怪しげ)。特に、クラリネットなど遥か遠くで吹いているように聞こえる。

 対するドクシツェルはロジェストヴェンスキー&ボリショイ劇場管で万全なのだけれど。


 Naka

 ▲ S・ナカリャコフ

 A・ボレイコ指揮/イエナ・フィルハーモニー。2001年録音。

 ナカリャコフは『テクニック』ばかりが強調されることが多いけれども、ドクシツェルと同じく、基本は『歌』なのだ。

 上品で洗練されていて、言わば『都会っ子』的な雰囲気がある。そして、このアルチュニアンでも見事な演奏を聴かせてくれる。

 ただ、オケは可もなく不可もなく。ちなみにイエナ(Jena)はドイツにある都市だそうです。知らなかった...。

|

« レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 | トップページ | パッヘルベル カノン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62474859

この記事へのトラックバック一覧です: アルチュニアン トランペット協奏曲:

« レスピーギ バレエ組曲「シバの女王ベルキス」 | トップページ | パッヘルベル カノン »