« 都響定期(下野) | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(弦楽合奏版) »

グレインジャー 子供の行進(レイニッシュ)

music CD

 ■ P・グレインジャー作曲/子供の行進(丘を越えて彼方に)

 Grainger_8

 ▲ T・レイニッシュ指揮/王立ノーザン音楽大学ウインド・オーケストラ

 コーラス付き。「グレインジャー・エディション」の第8巻。

 この曲については、まずはこの演奏を聴くことをオススメします。

 グレインジャー初期の作品。1919年、作曲者の指揮で初演。編成にはピアノが使われていて、鍵盤打楽器も活躍する。

 最初は腕白坊主が1人で歩いている。そこへ1人、また1人と加わり、それが5人、10人、100人となって、子供たちは元気よく、気勢を上げながら行進していく(どこへ向かって?)。そんな光景が頭に浮かぶ。

 低音で現れるテーマは、「キラキラ星」のヴァリエーションだろうか。

 Children

 「♪ドレミファ・ソ~ソ~・ララララッラ・ソラソ~」=「♪ドド・ソソ・ララ・ソ」

Children2

 「♪ファ~ファファ・ミファミミ・レレレッレ・ド~」=「♪ファファ・ミミ・レレ・ド」

 新しいテーマも加わり、次第に高揚し、エネルギーを増し、全楽器で駆け回るスケールからクライマックスを迎える。

 打楽器やピアノの特殊奏法のノイズの中を、遠くへ消えていくエンディングも印象的。

 メロディそのものはシンプルだれども、ハーモニーはグレイジャー以外の何物ではない。

 途中、男声によるコーラス(オプション)が加わり、昨今であれば、奏者が歌おうが、叫ぼうが、何をしても珍しいことではないけれども、当時は新鮮だったのではなかろうか。

 ちなみに、グレインジャーと親交があったディーリアスにも、全く同じタイトルの管弦楽曲があります。

cd

 その他の録音。

 Img018

 ▲ K・ブライオン指揮/ミシガン州立大学シンフォニック・バンド


  Banks

 ▲ E・バンクス指揮/英国空軍中央音楽隊

|

« 都響定期(下野) | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(弦楽合奏版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/54296579

この記事へのトラックバック一覧です: グレインジャー 子供の行進(レイニッシュ):

« 都響定期(下野) | トップページ | ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(弦楽合奏版) »