« ショスタコーヴィチ 交響曲第4番(コンドラシン&モスクワPO) | トップページ | 都響定期(カエターニ) »

リムスキー=コルサコフ 交響曲第2番「アンタール」

N・リムスキー=コルサコフ作曲/交響曲第2番(交響組曲)「アンタール」。

 この曲には以下のバージョンがありますが、CDに記載されている版と、演奏されている版が異なっている場合があるので要注意です。

  初稿 1868年作曲
  第2稿 1875年改訂
  第3稿 1897年改訂(決定稿)
  第4稿 1903年改訂(第2稿の改訂)

 私が所有しているスコアはこちら(第4稿)。

 Antar

 スコアを見ていないので「第2稿」と「第4稿」の差は分かりませんが、以下の録音では、2種のスヴェトラーノフ盤以外、上記スコアを見ながら聴いても違いは感じられませんでした。

cd

 Saltan_sv

 ▲ E・スヴェトラーノフ指揮/ソビエト国立交響楽団

 スヴェトラーノフのメロディヤ録音盤。版の記載は無し。「第3稿」。


 Img225

 ▲ E・スヴェトラーノフ指揮/ロシア国立交響楽団

 1993年録音。「1876年版」と記載されているけれども、メロディヤ盤と同様の「第3稿」。

 中間2楽章は、このコンビらしいゴリゴリとした力強い音が聴こえる。


 Img227

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/エーテボリ交響楽団

 1987年録音。「1897年版」によると記載されているけれども、実際は「第4(2)稿」。

 このCDの解説には「『最終』版(第4稿)が一番入手しやすいが、これは信頼に足るものではなく、また演奏に用いるべきではない」とあるのだけれど...。

 演奏はイチ推し。この録音を聴くと、もっと演奏されてもいい曲に思える。


 Img226

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1954年録音。版の記載は無し。「第4(2)稿」。

 いつもながらのカラフルで華やかな演奏。硬質なサウンド。


 Img228

 ▲ L・マゼール指揮/ピッツバーグ交響楽団

 1986年録音。版の記載は無し。「第4(2)稿」。

 マゼールらしく丹念に描いている部分もあるにせよ、全体的に緩い感じがするし、終楽章もテンポが速く、あっさりし過ぎていて物足りない。

|

« ショスタコーヴィチ 交響曲第4番(コンドラシン&モスクワPO) | トップページ | 都響定期(カエターニ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61774355

この記事へのトラックバック一覧です: リムスキー=コルサコフ 交響曲第2番「アンタール」:

« ショスタコーヴィチ 交響曲第4番(コンドラシン&モスクワPO) | トップページ | 都響定期(カエターニ) »