« チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) | トップページ | 読響定期(レニングラード) »

リムスキー=コルサコフ 「見えざる町キーテジの物語」組曲

music CD

 ■ N・リムスキー=コルサコフ作曲/「見えざる都市キーテジと聖女フェヴローニャの物語」組曲

 Img197

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1949年録音。BMG国内盤。UK盤(下記)には音の欠落があるので要注意。

 モノラルではあるけれども、もともと迫力一辺倒の曲ではないので十分に楽しめます。

 同名のオペラからの組曲。

  1.前奏曲<自然への讃歌>
  2.婚礼の行列~タタール族の侵略
  3.ケルシェネッツの戦い
  4.フェヴローニャの昇天と見えざる町の礼賛(アポテオーズ)

 最後から2つ目のオペラで晩年の作品。組曲版への編曲はR=コルサコフの教え子であるM・シテインベルク(「金鶏」組曲と同様)。

 ちなみに、このシテインベルクはリムスキー=コルサコフの娘婿。

 凝った大掛かりなオーケストレーションの中に、抒情的で美しいメロディが散りばめられた音楽。

 先日のノセダ指揮によるN響の演奏では「2」にバラライカも加わっていました。

 終曲は演奏時間10分の長丁場。

 淡々と終結へと向かう音楽は、下手すると単調で退屈になってしまうけれど、さすがムラヴィンスキー、テンポを落とした力強い金管楽器のコラールまで緊張感が緩むことなく持って行ってくれる。

 鐘の音が鳴り響くヘ長調の大団円は、音楽そのものは単純な(陳腐な?)ものではあるけれど、見事なオーケストレーションによって幻想的な世界を描き出している。

 カップリングは1949年録音の「悲愴」。この時、ムラヴィンスキーはまだ40代だけれど、基本路線は後年と変わらず、その演奏は凄まじいものです。

 以下はUK盤。

 Img190

 なぜか1曲目最後の弦楽器による和音が欠落しています。カップリングの「弦楽セレナーデ」でも同様の欠落がある欠陥品。要注意です。


 Img008

 ▲ ミハイル・ユロフスキ指揮/ベルリン放送交響楽団

 1996年録音。指揮のミハイルは、最近話題の指揮者、ウラディーミル・ユロフスキの父上。

 演奏は素晴らしく 柔らかく温かみのあるオケのサウンドがとてもいい。丁寧な音楽作りで、美しいメロディが際立つ。

 第3楽章の「闘い」の音楽も十分に迫力があり、フィナーレのクライマックスの金管のコラールで大きくテンポを落とす(ムラヴィンスキー張りの)演出も決まっている。

 ロシア的な土臭さを求めなければ、まず申し分ない演奏。

|

« チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) | トップページ | 読響定期(レニングラード) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61560260

この記事へのトラックバック一覧です: リムスキー=コルサコフ 「見えざる町キーテジの物語」組曲:

« チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) | トップページ | 読響定期(レニングラード) »