« リムスキー=コルサコフ 「見えざる町キーテジの物語」組曲 | トップページ | ハイドン パリ交響曲集(ノリントン) »

読響定期(レニングラード)

note 読売日本交響楽団 第548回定期演奏会

 サントリーホールにて。

 20150513

 指揮:エイヴィン・グルベルグ・イェンセン

  モーツァルト作曲/ピアノ協奏曲第17番(独奏:アンドレアス・シュタイアー)
  ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第7番「レニングラード」

 イェンセン氏は1972年生まれのノルウェーの指揮者。

 後半の「レニングラード」は、ひたすら『大きな音』を轟かせる。しかし、それが意図的なものなのか、結果そうなったのかは分からないけれども、そこに何のドラマ性も感じない。全く整理されていない印象。

 前半の協奏曲はソロがオーケストラに消されてしまった感があり、ただアンコールはとても良かったです。

 ちなみに、こちらのページでは「ピアノの蓋を取り、舞台の中央に指揮者と向き合う形の配置でソロを弾きます」となっているけれども、通常の配置でした。

|

« リムスキー=コルサコフ 「見えざる町キーテジの物語」組曲 | トップページ | ハイドン パリ交響曲集(ノリントン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61587463

この記事へのトラックバック一覧です: 読響定期(レニングラード):

« リムスキー=コルサコフ 「見えざる町キーテジの物語」組曲 | トップページ | ハイドン パリ交響曲集(ノリントン) »