« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(高橋徹編曲の吹奏楽版) | トップページ | 大野&都響(マーラーの第7番) »

大野&都響(シュニトケ、ベートーヴェン)

note 東京都交響楽団 第786回定期演奏会

 20150403

 サントリーホールにて。

 指揮:大野和士

  シュニトケ作曲/合奏協奏曲第4番=交響曲第5番
  ベートーヴェン作曲/交響曲第5番

 シュニトケの曲は「合奏協奏曲第4番」でもあり「交響曲第5番」でもある、という意味だそうです。

 開演前の大野さんのプレトーク。

 何だかボソボソと、話が良く聞こえないなぁ、と思っていたら...

 大野さん「え?...マイクが逆さま??...失礼しましたsweat02

 という訳で以後はしっかりと聞えました。

 前半のシュニトケは曲の珍しさがあるにしても(個人的には受け付けない作曲家だけど)、問題は後半の「運命交響曲」をどう聴かせてくれるか。

 わざわざ定期で取り上げて、単なる『5番繋がり』にはしてほしくない...と思っていたら、聴き応えのある、十分満足できる演奏でした。

 木管とホルンは倍管。かと言って時代がかったものではなく、また、最近流行りの『ピリオド系』を意識しているようでもない。

 第1楽章から速いテンポで颯爽と進み、その中に豊かな表情、歌を感じさせてくれ、決して神経質にならない大らかさ、勢いも感じる。

 このコンビの今後に期待させてくれる見事な演奏でした。

|

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(高橋徹編曲の吹奏楽版) | トップページ | 大野&都響(マーラーの第7番) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61386170

この記事へのトラックバック一覧です: 大野&都響(シュニトケ、ベートーヴェン):

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(高橋徹編曲の吹奏楽版) | トップページ | 大野&都響(マーラーの第7番) »