« ムソルグスキー 「禿山の一夜」原典版(アバド&BPOの来日公演) | トップページ | チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) »

都響「作曲家の肖像」(北欧)

note 東京都交響楽団 「作曲の肖像」シリーズ

 東京芸術劇場にて。

 20150429

 指揮:アイヴィン・オードラン

  アルヴェーン作曲/祝典序曲
  ニールセン作曲/序曲「ヘリオス」
  シベリウス作曲/交響詩「フィンランディア」
  グリーグ作曲/劇付随音楽「ペール・ギュント」から(ソプラノ:小林沙羅)

 スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーを代表する作曲家の作品を集めた、「北欧」をテーマにしたコンサート。

 オードランはノルウェーの指揮者。

 後半の「ペール・ギュント」はオリジナルの劇音楽からの抜粋版。組曲以外の曲をコンサートで聴く機会は少なく、これは楽しめました。ソルベーグも◎。

 前半は珍しい曲を聴けたのは嬉しいけれども、であればシベリウスでも別の曲を聴きたかったし(演奏も今ひとつ)、そうすると、アルヴェーンは「真夏の徹夜祭」とか、ニールセンであれば「アラジン」組曲とか...。

|

« ムソルグスキー 「禿山の一夜」原典版(アバド&BPOの来日公演) | トップページ | チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61508649

この記事へのトラックバック一覧です: 都響「作曲家の肖像」(北欧):

« ムソルグスキー 「禿山の一夜」原典版(アバド&BPOの来日公演) | トップページ | チャイコフスキー 弦楽セレナーデ(ムラヴィンスキー) »