« アーノルド 「第六の幸福をもたらす宿」組曲(ヒコックス) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」(管楽アンサンブル版) »

ヤノフスキ&ベルリン放送響

note ベルリン放送交響楽団

 Janowski

 サントリーホールにて。

 指揮:マレク・ヤノフスキ

  ウェーバー作曲/歌劇「オベロン」序曲
  シベリウス作曲/ヴァイオリン協奏曲(独奏:フランク・ペーター・ツィンマーマン)
  ブラームス作曲/交響曲第1番

 オケも指揮者も初めてだったけれども、とても楽しめました。

 重厚なブラームスなのかと思っていたら、第1楽章の冒頭のフワッとした出だしにビックリ。

 主部へ入っても速いテンポがキープされて、巨匠風の『溜め』や見得を切るような大袈裟さが無い、年寄り臭くないブラームス。

 第2楽章以後も同じで、ややもすると落ち着きがちなオーケストラを煽るように前へ進めていく。

 終楽章、ティンパニの力強い連打からのコーダ。ずっしりとしたサウンド。見事に曲を締めてくれました。

 オケは何と言っても弦楽器の音がいいです。

 アンコールは交響曲第3番の第3楽章(「ブラームスはお好き」の曲)。
 


|

« アーノルド 「第六の幸福をもたらす宿」組曲(ヒコックス) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」(管楽アンサンブル版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61296918

この記事へのトラックバック一覧です: ヤノフスキ&ベルリン放送響:

« アーノルド 「第六の幸福をもたらす宿」組曲(ヒコックス) | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」(管楽アンサンブル版) »