« マーラー 交響曲第2番「復活」(ハイティンク&BPOの映像) | トップページ | ヤノフスキ&ベルリン放送響 »

アーノルド 「第六の幸福をもたらす宿」組曲(ヒコックス)

music CD

 ■ M・アーノルド作曲/「第六の幸福をもたらす宿」組曲

 Img172_2

 ▲ R・ヒコックス指揮/ロンドン交響楽団

 1992年録音。吹奏楽関係者にはお馴染みの曲。

 ヒコックスはアーノルド作品も数多く録音しているイギリス音楽のスペシャリスト、ロンドン響もこの手の音楽は手馴れたもの(「スター・ウォーズ」「指輪物語」等)。このコンビによる演奏であれば不満はない。

  1.ロンドン・プレリュード
  2.ロマンチック・インタリュード
  3.ハッピー・エンディング

 3曲から成る組曲だけれども、旋律は2つ。ホルンなどによる壮大な「決意のテーマ」と、リリカルな「愛のテーマ」(これがとても美しい)。

 この2つのテーマによる1曲目「ロンドン…」は、ハリウッド映画の1シーンが目に浮かんでくるような見事な音楽の展開を見せる。

 2曲目ではフルートやチェロなどによる『中国風』エピソードが挿入され、終曲ではマザーグースの数え歌、"This Old Man" の可愛らしいフレーズが変奏されながら繰り返され、最後は「愛のテーマ」でロマンチックな雰囲気を大きく盛り上げる。

 シンフォニックというよりも、エピソードを接続した感ではありますが、非常に楽しい音楽です。

 元は、イングリッド・バーグマン主演による1958年公開のアメリカ映画のための音楽。中国で宣教活動をする女性のお話で、実話に基づいているそうです(私は観たことがない)。

 原題は "The Inn of the Sixth Happiness" ですが、映画界(?)での邦題は「六番目の幸福」となっているようで、吹奏楽界では「第六の…」が定着してしまっていますが、本来は「六番目…」を採用すべきなのかも。

 Img173

 ヒコックスとアーノルドの2ショット。

|

« マーラー 交響曲第2番「復活」(ハイティンク&BPOの映像) | トップページ | ヤノフスキ&ベルリン放送響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61276637

この記事へのトラックバック一覧です: アーノルド 「第六の幸福をもたらす宿」組曲(ヒコックス):

« マーラー 交響曲第2番「復活」(ハイティンク&BPOの映像) | トップページ | ヤノフスキ&ベルリン放送響 »