« スワロフスキー&都響(調布シリーズ) | トップページ | 都響プロムナード(小泉&オッテンザマー) »

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(音楽三昧)

music CD

 ■ M・ムソルグスキー作曲/組曲「展覧会の絵」

 Img156

 ▲ 音楽三昧

 1989年録音。

 「展覧会の絵」を、たったの4人で演奏。弦楽器3人とフルート/リコーダー。ピアノなどの鍵盤楽器は入りません。

 当然のことながらラヴェル版とは全く無関係で、ムソルグスキーのオリジナル(ピアノ版)をベースにした編曲。ただし、ラヴェルと同様に「リモージュ」の前の「プロムナード」はカット。

 受けを狙ったり、奇を衒うようなことはせず、音符を忠実に4人で受け持って演奏。

 むしろ地味な印象もあるけれども、フルート(リコーダー)の音が上手くアクセントになっている。

 「キエフの大門」に壮麗さや迫力などは望めないけれども、「カタコンブ」などでは奏法の工夫によって、とても斬新な(現代音楽のような)響きがする。

 「なぜに(無謀にも)『展覧会の絵』を4人の奏者で」ということについて、「それはひとえに、あの曲がやりたい、この曲もやりたいというメンバー独り独りのわがまま極まりない意見が嵩じただけのことなのです」とCDの解説に書いているように、率直に「この曲を演奏したい」という想いをベースに感じさせてくれる演奏。

 管弦楽や吹奏楽への編曲とは別次元のものとして楽しめます。是非。

 カップリングはチャイコフスキー作曲「眠りの森の美女」から。

|

« スワロフスキー&都響(調布シリーズ) | トップページ | 都響プロムナード(小泉&オッテンザマー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61149504

この記事へのトラックバック一覧です: ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(音楽三昧):

« スワロフスキー&都響(調布シリーズ) | トップページ | 都響プロムナード(小泉&オッテンザマー) »