« フルシャ&プラハ・フィル | トップページ | スワロフスキー&都響(調布シリーズ) »

伊藤康英 交響詩「ぐるりよざ」(ノース・テキサスWS)

music CD

 ■ 伊藤康英作曲/吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」

 Img152

 ▲ デニス・W・フィッシャー指揮/ノース・テキサス・ウインド・シンフォニー

 1996年録音。

 日本の楽団による「ぐるりよざ」の録音はいくつか存在するけれども、これはアメリカの楽団による録音ということで、とても興味深い。

 まずは、第1楽章の主題提示。オプションの男声合唱を独唱(バリトン)で歌わせていて、これはこれで面白い。

 第2楽章の龍笛パートはピッコロで演奏。ピッチを微妙にずらしたりなど、それらしい雰囲気は出てます。

 最後の「魚板」は低くて籠った音。しかし、そもそも「魚板」ってどんな音がする楽器(?)なんだろうか。

 全体的に輪郭のクッキリとしたドライな響きは、いかにもアメリカ的な雰囲気がする。

 TKWOなどの演奏(録音)を唯一無二としてしまえば、違和感は多々あるのかもしれないけれども、どんな音楽も様々なアプローチがあってしかるべきで、それを楽しめてこその『名曲』なのだと思う。

cd

Img154

 ▲ 小野田宏之指揮/東京佼成ウィンドオーケストラ

 こちらはおなじみの録音。第2楽章の龍笛は岩亀裕子。

pencil

 第2楽章を締めくくる「魚板(Gyoban)」の一打。

 Gyoban_2

 その「魚板」が、五重塔が有名な山口県の瑠璃光寺にありました.。

 Img_3189_2

 Img_3177

|

« フルシャ&プラハ・フィル | トップページ | スワロフスキー&都響(調布シリーズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61111415

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤康英 交響詩「ぐるりよざ」(ノース・テキサスWS):

« フルシャ&プラハ・フィル | トップページ | スワロフスキー&都響(調布シリーズ) »