« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(音楽三昧) | トップページ | ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン(英雄の生涯) »

都響プロムナード(小泉&オッテンザマー)

note 東京都交響楽団 プロムナードコンサート

 20150222

 サントリーホールにて。

 指揮:小泉和裕

  モーツァルト作曲/歌劇「ドン・ジョバンニ」序曲
  モーツァルト作曲/クラリネット協奏曲(独奏:アンドレアス・オッテンザマー)
  ムソルグスキー作曲(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」

 オッテンザマー氏はベルリン・フィルの首席奏者。

 その音、音楽の素晴らしさ。第2楽章再現部での再弱音。

 ひょっろとした長身。その全身から音楽のオーラを発し、彼がオーケストラを引っ張っているような感じ。

 アンコールはハンガリー民謡からの短い曲。モーツァルトの余韻が壊されることはありませんでした。

 後半の「展覧会の絵」は目新しい発見があるものでは無いけれども、安心してオーケストラのサウンド、迫力を楽しめるものでした。手堅いです。

 「牛車」はトロンボーンの小田桐さんがユーフォニウムに持ち替えて演奏。

|

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(音楽三昧) | トップページ | ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン(英雄の生涯) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61168773

この記事へのトラックバック一覧です: 都響プロムナード(小泉&オッテンザマー):

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(音楽三昧) | トップページ | ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン(英雄の生涯) »