« プッチーニ トゥーランドット(リセウ大歌劇場) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第1番(クルレンツィスの映像) »

都響定期(H・リントゥ)

note 東京都交響楽団 第783回定期演奏会

 Tmso_783_2

 サントリーホールにて。

 指揮:ハンヌ・リントゥ

  シベリウス作曲/交響詩「夜の騎行と日の出」
  ルトスワフスキ作曲/チェロ協奏曲(独奏:ピーター・ウィスペルウェイ)
  一柳慧作曲/交響曲第9番「ディアスポラ」(都響委嘱作品・世界初演)

 とにかく前半が素晴らしく、特にチェロ協奏曲(初めて聴きました)には圧倒された。

 開放弦『D』の音の繰り返しからドラマが展開され、緊迫感に釘付けになる。独奏チェロは出ずっぱりで、オケもトゥッティになる部分は少ない。最後は独奏チェロの絶叫で終わる。

 アンコールに演奏されたバッハは鎮魂の音楽だろうか。

 シベリウスも地味ではあるけれども名曲。音楽は紛れもないシベリウス。

 ここまでで、相当にハードルが上がって、後半の委嘱作品初演。

 作曲者によると、「私も高齢になり、経験した戦争の実情を語っておかねば、という思いが強くなった。このことが作曲動機となった」とのこと。

 しかし、それは相当に風化されたのか、何とも生ぬるい音楽が展開されていった。

 プレトークで一柳氏が「(音階の)『H』は "Hiroshima"、『F』は "Fukushima" (を意味する)」といったことを言っていて、何だか胸騒ぎがしたのが的中した感じ。

|

« プッチーニ トゥーランドット(リセウ大歌劇場) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第1番(クルレンツィスの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/61024177

この記事へのトラックバック一覧です: 都響定期(H・リントゥ):

« プッチーニ トゥーランドット(リセウ大歌劇場) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第1番(クルレンツィスの映像) »