« 都響プロムナード(HJリム) | トップページ | N響定期(デュトワ) »

P・ヤルヴィ&ドイツ・カンマー・フィル(ブラームス)

note ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団

 P_jarivi

 東京オペラシティにて。

 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

  ブラームス作曲/ピアノ協奏曲第1番(ピアノ:ラルス・フォークト)
  ブラームス作曲/交響曲第1番

 前半のコンチェルトもよかったけれども(アンコールの「ワルツ」も)、やっぱり、後半の所謂「ブラ1」。

 音楽室の壁に飾ってある、どっしりと構えた髭もじゃのブラームス先生ではない。

 冒頭から速いテンポでエネルギッシュにガンガン飛ばす。

 表現の起伏が大きく、部分部分では色々な(大胆な)表情を見せるけれども、本筋は外さず、フィナーレのコーダではコラールを高らかに歌い上げ、まさに歓喜の絶頂で曲を締める。

 期待通り、楽しめました。そのうちCDが(映像も?)出るでしょう。

 アンコールはハンガリー舞曲の第10番と第1番。

 ちなみに「ハンガリー舞曲集」全21曲の中で、ブラームス自身がオーケストレーションしたのは、この2曲と第3番の3曲のみ。

 その自在な音楽は、第10番なんかは初めて聴く曲のように感じたし、第1番での即興的な表現もお見事で、「(お約束として)とりあえず演奏しました」というようなアンコールとは一線を画していました。

 席は2階のLサイド、オケの真横に近い場所だったので、音のバランス的には今一つだったけれども、ヤルヴィの指揮はバッチリ見ることが出来ました。

 NHKで放送されるそうなので、そちらも楽しみにします。


|

« 都響プロムナード(HJリム) | トップページ | N響定期(デュトワ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60795712

この記事へのトラックバック一覧です: P・ヤルヴィ&ドイツ・カンマー・フィル(ブラームス):

« 都響プロムナード(HJリム) | トップページ | N響定期(デュトワ) »