« ゴールウェイ&新日フィル | トップページ | ドヴォルザーク 管楽セレナード(ケルテス) »

都響定期(ブラビンズの英国音楽)

note 東京都交響楽団 第776回定期演奏会

 Tmso776_2

 サントリーホールにて。

 指揮:マーティン・ブラビンズ

  R・V・ウィリアムズ作曲/ノーフォーク狂詩曲第1番
  B・ブリテン作曲/ピアノ協奏曲(ピアノ:スティーヴン・オズボーン)
  W・ウォルトン作曲/交響曲第2番

 演奏される機会が少ない、イギリスの近現代作品を集めたプログラム。

 最初に演奏された「ノーフォーク狂詩曲」は民謡をベースにした作品で、抒情的な音楽の間に行進曲風の中間部を挟んだ「緩ー急ー緩」形式、演奏時間10分程度。

 これが、紛れもないRWVの『イギリス民謡系』の音楽で、とても面白い!

 シニカルで不安げな雰囲気も漂うブリテンの協奏曲。ウォルトンは第1交響曲や映画音楽などとは異なる、シリアスでモダンな響きの音楽。

 これらの難曲をソリストも含めて見事に聴かせてくれました。

 何はともあれ、ブラビンズさん、いいです。

 来月のウォルトン「交響曲第1番」他が俄然楽しみになってきました。


|

« ゴールウェイ&新日フィル | トップページ | ドヴォルザーク 管楽セレナード(ケルテス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60523320

この記事へのトラックバック一覧です: 都響定期(ブラビンズの英国音楽):

« ゴールウェイ&新日フィル | トップページ | ドヴォルザーク 管楽セレナード(ケルテス) »