« 外山雄三 ディヴェルティメント(岩城&OEK) | トップページ | 「運命」&「未完成」(ストコフスキーの映像) »

グレインジャー合唱曲集(ガーディナー)

music CD

 ■ グレインジャー 合唱曲集

 Grainger_g1_2

 ▲ J・E・ガーディナー指揮/モンテヴェルディ合唱団と管弦楽団

 1994、5年録音。収録曲は以下の通り。

   1.日曜日になればわたしは17歳
   2.ブリッグの定期市
   3.愛の詩(ソロモンの雅歌より)
   4.愉快な婚礼(祝宴の踊り)
   5.シャロー・ブラウン(船乗りのシーシャンティ)
   6.父と娘(フェロー諸島のダンシング・バラード)
   7.わが黒髪の乙女
   8.花嫁の悲劇
   9.アイルランド、デリー州の調べ(ロンドンデリーの歌/ダニー・ボーイ)
  10.スコットランドのストラススペイとリール
  11.行方不明のお嫁さんが見つかった
  12.三羽のからす(古いイングランドの歌)
  13.ダニー・ディーヴァー
  14.フォスターに捧ぐ(「草競馬」にもとづいて)

 グレインジャーと言えば、まずは「ロンドンデリーの歌」、そして「リンカンシャーの花束」。それと、いくつかの軽い小品。

 自分にとっては、それ以上のものはなかった作曲家だったのだけれども、そのイメージを大きく覆してくれたのがこのCD。全く新たな世界が広がったのだ。

 「1」はタイトルからも分かるように、ヴォーン=ウィリアムズの「イギリス民謡組曲」第1楽章で使われている民謡で、ここでもコーラスと金管楽器によって元気良く演奏される。

 「11」は「リンカンシャーの花束」の終曲のオリジナル合唱版。

 「7」はA・リード作曲の「シンフォニック・プレリュード」で使われている民謡。

 「2」はディーリアス作曲の同名の管弦楽曲のベースとなった曲。

 「12」もイギリス民謡による作品。人知れず死んでいる騎士の亡骸を三羽のカラスが狙っている...というインパクトある内容で、印象的なリフレインも頭に残り、シンプルな伴奏が歌の内容を引き立てている。

 「5」は船乗りの歌。グレインジャー作品の中でも最も好きな曲の一つ。

 「14」はフォスターの「草競馬」に基づくオリジナル曲。

 その他の曲も含めて、これほど多彩で魅力的な音楽を書いていたのかと、正しく『再発見』させてくれたCD。

 その後、色々な録音も出てきたけれども、「まずはこれ」という一枚として価値は変わっていないと思う。

 日本語解説が充実した国内盤を是非。

|

« 外山雄三 ディヴェルティメント(岩城&OEK) | トップページ | 「運命」&「未完成」(ストコフスキーの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495031

この記事へのトラックバック一覧です: グレインジャー合唱曲集(ガーディナー):

« 外山雄三 ディヴェルティメント(岩城&OEK) | トップページ | 「運命」&「未完成」(ストコフスキーの映像) »