« マーチ・イン・ハイファイ(フィードラー&ボストン・ポップス) | トップページ | グレインジャー合唱曲集(ガーディナー) »

外山雄三 ディヴェルティメント(岩城&OEK)

music CD

 ■ 外山雄三作曲/管弦楽のためのディヴェルティメント

 Oek_iwaki

 ▲ 岩城宏之指揮/オーケストラ・アンサンブル金沢

 2002年のライブ録音(拍手付)。

 有名な「ラプソディ」(1960年)のすぐ後、「岩城宏之の委嘱で、彼の欧州楽旅のために書かれ、1962年、岩城指揮のチェコ国立放送交響楽団が世界初演」されたそうです。

 冒頭は「ドンパン節」によって壮大に、また華やかに始まる、日本民謡をベースにした、基本的には「ラプソディ」と同じコンセプトの姉妹作(?)。耳馴染みのあるメロディが色々と出てきます。

 3楽章形式で、構成などは「ラプソディ」よりも凝ったものがあるけれども、「ラプソディ」での奏者が打ち鳴らす拍子木によるオープニングとか、中間部のフルートソロ、そして最後の打楽器のリズムも景気の良いエキサイティングな「八木節」。こういった分かり易いインパクトには欠けていて、それゆえ演奏される機会も少ないのだと思う。

 昔から、とにかく一度聴いてみたくて、ようやく見つけたのがこのCD。これ1曲のために買いました。

 演奏は、ちょっと上品に過ぎるような気もするけれども、音源として貴重です。

|

« マーチ・イン・ハイファイ(フィードラー&ボストン・ポップス) | トップページ | グレインジャー合唱曲集(ガーディナー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495030

この記事へのトラックバック一覧です: 外山雄三 ディヴェルティメント(岩城&OEK):

« マーチ・イン・ハイファイ(フィードラー&ボストン・ポップス) | トップページ | グレインジャー合唱曲集(ガーディナー) »