« 東響・特別演奏会(コバケンの「悲愴」) | トップページ | ドビュッシー 子供の領分(マルティノン) »

都響定期(フルシャのマルティヌー)

note 東京都交響楽団 第774回定期演奏会

 Tmso_774

 サントリーホールにて。

 指揮:ヤクブ・フルシャ

   マルティヌー作曲/交響曲第4番
   マルティヌー作曲/カンタータ「花束」

 マルティヌー2曲という渋いプログラム。いずれも初めて聴く曲。

 ちなみに、フルシャ氏は国際マルティヌー協会の会長だそうです。

 前半の交響曲は3管編成。ダイナミックで晴れやかな気分の中にも、もやもやとした影があり、民族色は薄い。

 後半の「花束」が素晴らしく良かった!

 小編成のオーケストラと独唱、合唱。児童合唱は民族衣装(?)を着て登場。8曲から成るカンタータ。

 管楽器は変則2管。ピアノ2台、打楽器、ハーモニウム(小型オルガン)。

 音楽は民族色が濃く、また力強い土俗性も感じる。

 題材となった民俗詩は「花束」というタイトルのイメージとは違い、ブラックでありシニカル。

 日本語字幕が付いていたのが嬉しく、音楽共々本当に楽しめ、これが聴けたので今日は大満足。

|

« 東響・特別演奏会(コバケンの「悲愴」) | トップページ | ドビュッシー 子供の領分(マルティノン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495021

この記事へのトラックバック一覧です: 都響定期(フルシャのマルティヌー):

« 東響・特別演奏会(コバケンの「悲愴」) | トップページ | ドビュッシー 子供の領分(マルティノン) »