« 天上の… | トップページ | アルヴェーン 夏至の徹夜祭(N・ヤルヴィ) »

都響定期(フルシャ)

note 東京都交響楽団 第772回定期演奏会

 Tmso_772

 サントリーホールにて。

 指揮:ヤクブ・フルシャ

  A・オネゲル作曲/パシフィック231
  B・バルトーク作曲/ピアノ協奏曲第3番(独奏:アンデルシェフスキ)
  I・ストラヴィンスキー作曲/春の祭典

 後半の「ハルサイ」はエネルギッシュで迫力満点の演奏。

 こけおどしの演奏効果を狙うでもなく、ロシア的土俗性を前面に出すでもなく、ストレート勝負。

 「春のロンド」も速めに進み、金管楽器もことさら大げさに(ディズニーの「ファンタジア」的に)強調されることはない。

 アンティークシンバルなど打楽器の効果もクリア。ベルアップしたホルンも決まってました。

 指揮者もオケも『完全燃焼』という体であったけれど、明日も同じプロで演奏するのですよね...お疲れ様です。

|

« 天上の… | トップページ | アルヴェーン 夏至の徹夜祭(N・ヤルヴィ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494942

この記事へのトラックバック一覧です: 都響定期(フルシャ):

« 天上の… | トップページ | アルヴェーン 夏至の徹夜祭(N・ヤルヴィ) »