« N響★カンタービレ コンサート | トップページ | 訃報(岩井直溥) »

都響定期(ツィガーン)

note 東京都交響楽団 第770回定期演奏会。

 Tmso_770

 東京文化会館にて。ユージン・ツィガーン指揮。

  M・ラヴェル作曲/道化師の朝の歌
  M・ラヴェル作曲/クープランの墓
  J・トゥリーナ作曲/セビーリャ交響曲
  O・レスピーギ作曲/交響詩「ローマの祭」

 指揮者のツィガーンさん、母上が日本人だそうです。

 フルネさんが存命のころは、都響というと『フランス音楽』のイメージが強かったのですけれど、このオケでラヴェル聴くのも久しぶりな気がします。

 ただ、若干消化不良気味。後のプログラムを考えると、もうすこし『簡単な』曲でも良かったのでは。

 トゥリーナは初めて聴いた曲。3楽章形式。タイトル通り、スペイン情緒のある音楽で中々面白く、この曲を聴けたのが今日の一番の収穫。

 「ローマの祭」は見事に盛り上がったけれども、金管が随分と荒っぽい印象があって、「主顕祭」のトロンボーンのソロも何だかヘンだった(『酔っ払い』だから?)。

 バンダ(トランペット3本)はステージ上で立って演奏。文化会館だとこうするしかないかもしれないけれど、やっぱり効果は今一つ。

 で...

 隣の席の男性が演奏中に終始『ノイズ』を発していて、特に静かな部分ではそれが気になってしまい、演奏に今一つ集中し切れませんでした(泣sweat01)。

 まあ、運が悪かったと言うことですけれど、定期会員席でなくてよかったです。

|

« N響★カンタービレ コンサート | トップページ | 訃報(岩井直溥) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494899

この記事へのトラックバック一覧です: 都響定期(ツィガーン):

« N響★カンタービレ コンサート | トップページ | 訃報(岩井直溥) »