« ストラヴィンスキー ディヴェルティメント(シャイー) | トップページ | ビゼー カルメン・ファンタジー(セヴェリンセン) »

蝶々夫人(二期会)

note 東京二期会オペラ劇場

 G・プッチーニ作曲/オペラ「蝶々夫人」。栗山昌良演出。

 指揮はダニエル・ルスティオーニ。

 東京文化会館にて。

 オペラは久しぶりに行きましたが、会場には関係者らしき人や着飾った人も多く、ものすごく華やかな感じがしました。伊福部昭とは客層が...sweat02

 Chouchou

 完全に蝶々さんが主役のオペラ。なので、第2幕以後がとても面白い。

 蝶々さんの、周りがためらう(引く)ほどの一途さは、全てを分かっているが故なのか、現実逃避なのか。

 それに反して、ピンカートンはキャラとして今一つ掴みどころがないのだ。

 どういうつもりで蝶々さんと結婚したのか。

 単なる遊びのようなことも言いつつ、意外に本気っぽいような素振りもあったり。

 本来は蝶々さんを捨てた『悪役』なのだけれども、それを悔いるような善人らしいところも見せて、最後は「さらば、愛の巣よ」なんてアリアを歌ったりもする。意外にイイ人なのか。

 舞台、所作も含めて「これはどこの国の話だ!?」というような違和感はありませんでした。

 プッチーニの音楽は、やっぱり舞台あってこそです(蝶々さんがピンカートンを夜通し待ち続ける場面での「ハミング・コーラス」など)。

|

« ストラヴィンスキー ディヴェルティメント(シャイー) | トップページ | ビゼー カルメン・ファンタジー(セヴェリンセン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494880

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶々夫人(二期会):

« ストラヴィンスキー ディヴェルティメント(シャイー) | トップページ | ビゼー カルメン・ファンタジー(セヴェリンセン) »