« ハチャトゥリアン 勝利の歌(グルシチェンコ) | トップページ | L・アンダーソン ピアノ協奏曲(L・スラットキン) »

20世紀のチューバ協奏曲集(ボーズヴィーク)

music CD

 ■ 20世紀のチューバ協奏曲集

 Tuba_20

 ▲ O・ボーズヴィーク(チューバ)

 マンソン指揮/シンガポール交響楽団。2006年録音。

 収録曲は以下の通り。

  R・ヴォーン=ウィリアムズ/チューバ協奏曲
  A・アルチュニアン/チューバ協奏曲
  T・I・ルンドクヴィスト/ランドスケープ(弦楽器、ハープとチューバのための)
  J・ウィリアムズ/チューバ協奏曲

 「20世紀の」作品ではあるけれども(一番古いのがRVWで1954年作曲)、決してややこしい音楽ではない親しみやすさがあり、選曲的にもとても楽しめる。

 RVWの協奏曲は言わずと知れた名曲。やっぱりイイ!

 トランペット協奏曲ばかりが有名なアルチュニアンの協奏曲。3楽章形式で演奏時間13分。RVWの曲を下敷きにしているような印象もある。これが意外に面白いです。民族的な雰囲気も匂う軽妙な音楽。

 J・ウィリアムズの協奏曲はボストン・ポップスのチューバ奏者のために書かれたもので、もちろんシリアスな音楽なのだけれども、この作曲家らしい響きが聴かれて、華やかさもあって、これも面白い。

 ルンドクヴィストはスウェーデンの作曲家で、これは弦楽器、ハープとチューバ独奏のための作品。他の曲に比べるとモダンな響きはするけれども、決して難解な音楽ではありません。

pencil

 ちなみに、アルチュニアンの協奏曲はデ・メイ編曲による吹奏楽版もあるようです。

 http://www.sheetmusicplus.com/title/concerto-sheet-music/18494784
 http://www.justforbrass.com/concerto-for-tuba-and-wind-orchestra-113361.cfm

|

« ハチャトゥリアン 勝利の歌(グルシチェンコ) | トップページ | L・アンダーソン ピアノ協奏曲(L・スラットキン) »

コメント

シンガポール交響楽団といえば、 テューバ奏者は藤田英大さんという日本の方で、プロフィールを見るとボーズヴィックにも師事したとありますね。

投稿: R | 2014/04/05 22時54分

このオケ(シンガポール響)も意外にいい音してるんですよね。

投稿: | 2014/04/06 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494860

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀のチューバ協奏曲集(ボーズヴィーク):

« ハチャトゥリアン 勝利の歌(グルシチェンコ) | トップページ | L・アンダーソン ピアノ協奏曲(L・スラットキン) »