« 20世紀のチューバ協奏曲集(ボーズヴィーク) | トップページ | 小平 »

L・アンダーソン ピアノ協奏曲(L・スラットキン)

music CD

 ■ L・アンダーソン作曲/ピアノ協奏曲

 Anderson_pc

 ▲ L・スラットキン指揮/BBCコンサート・オーケストラ

 ピアノ独奏はJ・ビーゲル。2006年録音。

 1953年に作曲、何回か演奏された後に作曲リストから外された曲で、それが作曲者の死後1989年になって復活演奏されたというものだそうです。

 形式的にもシリアスなコンチェルトではあるけれども、当然のことながらムツカシイ所が全くない、楽しく親しみやすい音楽。

 ロマンチックな雰囲気を持つ第1楽章はラフマニノフを下敷きにしているのか(後半のホルンのソロなど)。

 第2楽章の中間部のパーカッションのリズムとか、民俗ダンス風の第3楽章の冒頭のスネア・ドラムとピアノの掛け合いとか、色々と仕掛けが面白い。

 ただ、彼の小品に聴かれるような、一聴「これはアンダーソンだ!」というような唯一無二の雰囲気は(無くはないけど)少なく、そこがお蔵入りになった理由だろうか。

 カップリングは「トランペットの休日」「ブルー・タンゴ」「舞踏会の美女」「フィドル・ファドル」等々の小品。

|

« 20世紀のチューバ協奏曲集(ボーズヴィーク) | トップページ | 小平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494862

この記事へのトラックバック一覧です: L・アンダーソン ピアノ協奏曲(L・スラットキン):

« 20世紀のチューバ協奏曲集(ボーズヴィーク) | トップページ | 小平 »