« ショスタコーヴィチ バレエ組曲「黄金時代」(M・ショスタコーヴィチ) | トップページ | 学生券 »

ストラヴィンスキー 小管弦楽のための組曲

music CD

 ■ I・ストラヴィンスキー作曲/小管弦楽のための組曲

 Suite_s

 ▲ R・シャイー指揮/ロンドン・シンフォニエッタ

 1980年録音。

 それぞれ4曲から成る2つの組曲、演奏時間は合わせても10分程度。

 【第1組曲】
  1.アンダンテ
  2.ナポリターナ
  3.エスパニョーラ
  4.バラライカ

 1曲目以外、各国の舞曲をタイトルにして、1曲目もどこかロシア的な雰囲気がある、「子守唄」風の音楽。これといって盛り上がることもなく、唐突に終わる。不思議な雰囲気を持っている。

 【第2組曲】
  1.マーチ
  2.ワルツ
  3.ポルカ
  4.ギャロップ

 「ワルツ」は「ペトルーシュカ」の手回しオルガン風。

 最後は威勢の良い「ギャロップ」で、トリオはトランペットとチューバによるメロディ。サーカス音楽のようでもあり、無声映画の伴奏のようでもある。

 とにかく面白い、独特の雰囲気を持った曲。

 技術的には決して簡単な曲ではなく、上手なプレイヤーが鮮やかに演奏してこそ楽しめると思う。

 そういう面でもこのシャイー盤は万全。響きも明るく、小気味よい演奏が聴ける。

 メンバーにはトランペットのJ・ワトソン、P・アーチボルド、トロンボーンのD・パーサーの名前が見られます。


 Kegel_strav_2

 ▲ H・ケーゲル指揮/ライプツィヒ放送管弦楽団

 1973年録音。

 シャイー盤のような『上手さ』『鮮やかさ』はないけれども、それ故か、この曲の『ヘンな』『奇妙な』感じが際立っている。

 例えば「ナポリターナ」(第1番)のエンディングのギクシャクとしたクラリネットの掛け合いや、「ポルカ」(第2番)でひたすら繰り返されるベースの「B♭・F」のリズム。

|

« ショスタコーヴィチ バレエ組曲「黄金時代」(M・ショスタコーヴィチ) | トップページ | 学生券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494872

この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー 小管弦楽のための組曲:

« ショスタコーヴィチ バレエ組曲「黄金時代」(M・ショスタコーヴィチ) | トップページ | 学生券 »