« J・シュトラウス ウィーンの森の物語(アンドレ・リュウ) | トップページ | テレカ(特典) »

シベリウス 交響詩「タピオラ」(デイヴィス)

music CD

 ■ J・シベリウス作曲/交響詩「タピオラ」

 Davis_sbl

 ▲ C・デイヴィス指揮/ロンドン交響楽団

 1992年録音。

 「タピオラ」とは「森の神、タピオの領土」という意味だそうです。

 『シベリウス晩年の傑作』として誉れが高い曲...ではあるけれど...私が最初に聴いたが、カラヤン&BPOのLP(EMI盤)。

 スコアも買ってはみたけれども、何が面白いのか全く分からない。聴いてられるのは、せいぜい最初の2,3分。以後は退屈極まりない。

 CD時代になり、色々な指揮者の演奏を聴くようになって、「最初に聴いた演奏が悪かった」ということに気付いた。

 これは間違いなく、シベリウスの大傑作なのだ。

 神秘的なフィンランドの果てしなく深い森。

 冒頭、弦楽器によって提示された主題が繰り返されながら、大きなものに飲み込まれていくように、遠ざかって行く。その先には何があるのか...

 この世のものか、あの世のものかも分からない、不思議な世界が繰り広げられる。

|

« J・シュトラウス ウィーンの森の物語(アンドレ・リュウ) | トップページ | テレカ(特典) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60494776

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス 交響詩「タピオラ」(デイヴィス):

« J・シュトラウス ウィーンの森の物語(アンドレ・リュウ) | トップページ | テレカ(特典) »