« 普門館 | トップページ | シベリウス レンミンカイネンの帰郷(バルビローリ) »

T先輩

 私が新入社員の時にお世話になった先輩のTさん。

 クラシック音楽がお好きな方で、よく飲みに連れていってもらったのだけど、ある日のこと...

 「Sさん(=私)、モーツァルトとか聴く?」
 「あんまり聴きません」
 「今度出た、アシュケナージが弾いたピアノ協奏曲、面白いから聴いてごらんよ」

 それは21番と17番の組み合わせのレコード(LP)。言われるがままに買って聴いてみると、これが結構面白い。

 そして、それがモーツァルトを聴くようになったきっかけでした。

 そのTさんと、約30年ぶりに再会して飲みに行く機会がありました。

 その、帰りがけに...、

 「Sさん、ワーグナー聴く?」
 「いえ、全く聴きません」
 「やっぱり。ボクもそうだったけど『トリスタンとイゾルデ』聴いてごらん。これ聴くと、何でみんなが『ワーグナー、ワーグナー』って騒ぐのか分かった気がした」

 で、今度、CD屋さんへ行って色々と物色してみます。>T先輩

|

« 普門館 | トップページ | シベリウス レンミンカイネンの帰郷(バルビローリ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495393

この記事へのトラックバック一覧です: T先輩:

« 普門館 | トップページ | シベリウス レンミンカイネンの帰郷(バルビローリ) »