« 「中国の不思議な役人」(バルトーク作曲)のスコア | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(コンドラシン) »

ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(ウェイランド&ガーシュウィン)

music CD

 ■ G・ガーシュウィン作曲/ラプソディ・イン・ブルー

 Gershwin_w

 ▲ N・ウェイランド指揮/デンバー・シンフォニ・ポップス管弦楽団

 1987年録音。ガーシュウィン自身による「ピアノ・ロールのソロに、オーケストラのみ新しく録音したもの。

 当然ながらオーケストラはオリジナル版(ジャズ・オーケストラ版)による演奏。

 早い話、ひたすらオーケストラがピアノ・ロールに合わせるしかないのだけれど、元々がピアノだけで(オーケストラ無しで)演奏しているものなので、ものすごくテンポが速かったり、思いっ切りフレーズを揺らしていたり、これに合わせるのは相当に無理がある(特に速いテンポ)。

 とは言うものの、ピアノだけによる独奏部分など、「ああ、ガーシュウィンはこうやって弾いていたんだな」というところで、とても興味深く聴ける。

 あくまで『企画モノ』として楽しむ録音だと思います。

 カップリングは「ストライク・アップ・ザ・バンド」序曲(D・ローズ編)、「パリのアメリカ人」、「スワニー」(ウェイランド編)。その他、こちらもガーシュウィンのピアノ・ロールによるソロ曲が6曲。

 中では指揮者自身の編曲による「スワニー」が変化に富んでいて、とても面白い。

|

« 「中国の不思議な役人」(バルトーク作曲)のスコア | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(コンドラシン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495321

この記事へのトラックバック一覧です: ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(ウェイランド&ガーシュウィン):

« 「中国の不思議な役人」(バルトーク作曲)のスコア | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(コンドラシン) »