« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(ウェイランド&ガーシュウィン) | トップページ | [E:tv »

ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(コンドラシン)

music CD

 ■ ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第14番「死者の歌」

 S_symp_2

 ▲ K・コンドラシン指揮/モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

 1974年録音。私が所有しているのは "Aulos"盤。

 ロストロポーヴィチのように我を忘れることなく、クールであるけれども、やはり尋常ならざる雰囲気を持っている。

 ネステレンコのバスが素晴らしく、特に第7、8楽章の迫力は半端ではない。

 第8楽章の最後の連続する16分音符も凄まじい。

 で、演奏的には申し分ないのだけれども...

 この曲は全11楽章。

 いくつかの楽章の最後に「アタッカ(attacca)」(=切れ目なく次の楽章を演奏する)という指定があり、それに従うと以下のような構成になっている。

 ちなみに、「10」は「1」の再現となっているので、プロローグ(A)とエピローグ(E)に挟まれた3つのセクションから成るとも言える。

 【A】1
 【B】2-[3>4]
 【C】5-[6>7]
 【D】8-9
 【E】10-11

 「>」は楽譜上繋がっているもの(必然的にアタッカになる)。

 このコンドラシン盤は「5」と「6」との間に大きな間(ま)が空いてしまっていて、この2つの楽章がアタッカで演奏される効果が薄れてしまっているのだ。

 クルレンツィス&ムジカ・エテルナ盤を聴けば、その効果の大きさがよく分かる。

 おそらく、LPではここでA面/B面が変わり、それによるものではなかろうかと想像するのだけれど...。

|

« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(ウェイランド&ガーシュウィン) | トップページ | [E:tv »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495324

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(コンドラシン):

« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(ウェイランド&ガーシュウィン) | トップページ | [E:tv »