« サヴァリッシュ氏追悼(TV) | トップページ | スヴェトラ&BPO »

ラフマニノフ(レスピーギ編) 音の絵(ロジェストヴェンスキー)

music CD

 ■ S・ラフマニノフ作曲(O・レスピーギ編曲)/5つの「音の絵」

 Rozhde_b

 ▲ G・ロジェストヴェンスキー指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 1990年録音。

 オケの鳴りもいいし、ティンパニや中低音の迫力もあり、聴かせてくれる。

 この管弦楽版はクセヴィツキーの依頼によるもので、ラフマニノフ自身が選曲を行って、曲のイメージレスピーギに伝えたらしい(原曲にタイトルは無し)。

  1.海とかもめ
  2.祭り
  3.葬送行進曲
  4.赤頭巾ちゃんと狼
  5.行進曲

 最も印象が強いのが1曲目の「海とかもめ」。

 冒頭、いきなり「怒りの日」が現れて、それがゆったりと繰り返される(波のように)。「死の島」にも似た陰鬱な雰囲気を持つ、いかにもラフマニノフらしい音楽。

 「葬送行進曲」のクライマックスは、鐘の音も鳴り、こちらはいかにもレスピーギらしい音がする。

 他の曲もそれなりに面白いけれども、1曲目ほどのインパクトは無く、最後の「行進曲」も組曲を締めるようなカタルシスは得られない。

 全体的に暗く陰気なのは、やっぱりラフマニノフだけれども、組曲としての盛り上がりは今一つといったところだろうか...。

 カップリングはブラームス作曲「弦楽四重奏曲第1番」のシェーンベルクによる管弦楽版。

|

« サヴァリッシュ氏追悼(TV) | トップページ | スヴェトラ&BPO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495130

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ(レスピーギ編) 音の絵(ロジェストヴェンスキー):

« サヴァリッシュ氏追悼(TV) | トップページ | スヴェトラ&BPO »