« シャブリエ 狂詩曲「スペイン」(アンセルメ) | トップページ |  午前中か »

サン=サーンス 交響曲第3番(アンセルメ)

music CD

 ■ C・サン=サーンス作曲/交響曲第3番「オルガン付き」

 Saintsaens

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1962年録音。

 第1楽章導入部から敬虔な雰囲気が漂う。そして、主部へ入ってからの第1主題、16分音符の主題がキチンと譜面通りに演奏される。

 しかし、速いテンポで、雰囲気だけで音を刻んでいるような演奏の何と多いことか。

 LP時代から「録音がいい」と話題になっていた録音だけれども、決してそれだけではない。

 この曲が、派手なパフォーマンスを披露するだけのショウ・ピースではない、ということを再認識させてくれる演奏だ。

 ちなみに、LPでは第1楽章が終わったところで盤を裏返していたのだけれども、このCDでは第1楽章最後のオルガンの和音から殆ど間を置かずに第2楽章が始まる。それが非常に鮮やかで効果的だ。

 LP世代からすれば、これこそCDの恩恵に思える。

 モノラルだけど、カップリングの「死の舞踏」も素晴らしい演奏。シャブリエはステレオ録音の方を。

|

« シャブリエ 狂詩曲「スペイン」(アンセルメ) | トップページ |  午前中か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495716

この記事へのトラックバック一覧です: サン=サーンス 交響曲第3番(アンセルメ):

« シャブリエ 狂詩曲「スペイン」(アンセルメ) | トップページ |  午前中か »