« カリンニコフ 交響曲第1番(スヴェトラーノフ) | トップページ | ハチャトゥリアン 「バレンシアの寡婦」組曲(チェクナヴォリアン) »

A・リード 十二夜(秋山和慶&大阪市音)

music CD

 ■ A・リード作曲/十二夜(A Musical Masque After Shakespeare)

 Osaka_2004

 ▲ 秋山和慶指揮/大阪市音楽団

 2003年(亡くなる2年前)の作品で、シェイクスピアの戯曲に基づく5曲からなる組曲。

  1.前奏曲、イリリア
  2.ヴァイオラとオーシーノ
  3.陽気な共謀者たち
  4.牢獄の中のマルヴォーリオの嘆き
  5.二つの結婚、そしてすべてよし!

 リードとシェイクスピアというと、やはり「オセロ」「ハムレット」が頭に浮かぶけれど、2曲とも悲劇を扱っているのに比べ、「十二夜」は喜劇、最後はハッピー・エンドで終わる。

 晩年にこういう曲を書くというのは、リード自身が意識していたかは分からないけれど、ヴェルディの最後のオペラが、やはりシェイクスピアの戯曲に基づいた、「ファルスタッフ」という喜劇であったのを思い出す。

 リードの音楽からすると、やはりこういった曲想の方が合っているように思うし、何と言っても、この曲には、とてもいいメロディがいくつもある。特に第1,2,5楽章がいい。

 個人的に、リード作品は1980年ころまでがピークだったように感じているけれど、作曲者の晩年にパッと輝いた...そんな印象がある素晴らしい作品。

 「ニュー・ウィンド・レパートリー 2004」に収録。

|

« カリンニコフ 交響曲第1番(スヴェトラーノフ) | トップページ | ハチャトゥリアン 「バレンシアの寡婦」組曲(チェクナヴォリアン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495672

この記事へのトラックバック一覧です: A・リード 十二夜(秋山和慶&大阪市音):

« カリンニコフ 交響曲第1番(スヴェトラーノフ) | トップページ | ハチャトゥリアン 「バレンシアの寡婦」組曲(チェクナヴォリアン) »