« グレインジャー 愉快な王様(The Merry King) | トップページ | アンパリト・ロカ »

グレインジャー 北欧の王女へ

music CD

 ■ P・グレインジャー作曲/北欧の王女へ(婚礼の歌)

Img140_2

 ▲ ヒコックス指揮/デンマーク国立放送交響楽団

 演奏時間12分、グレインジャー作品の中では『大曲』の部類。

 この曲は、グレインジャーが1928年に結婚したスウェーデン人のエラ・ストロームに捧げられ、初演はハリウッド・ボウルの1万5千~2万人の聴衆の前で、作曲者自身の指揮による126人編成のオーケストラによって演奏されたという。

 「北欧の王女」というのは当然、奥さんのこと。

 最初は慎ましやかに始まるけれども、高鳴る鐘の音と共に壮麗に盛り上がり、終わり近くではサン=サーンス作曲の「白鳥」のメロディが引用される。

 甘美で、いかにも「幸せいっぱい」といった音楽は、あまりに臆面も無く、何だか気恥ずかしくなるくらいだ。

 ヒコックス盤は明るく華やかなサウンド。K・ブライオン指揮によるナクソス盤もあるけれども、まずは、このヒコックス盤だと思う。

cd

 ヒコックス以外の録音。

 Img145

 ▲ K・ブライオン指揮/スロヴァキア放送交響楽団

 K・ブライオンはニュー・スーザ・バンドの創設者であり指揮者。

 スーザ作品の校訂でも知られ、ナクソスにはスーザの吹奏楽作品をシリーズで録音している。

 グレインジャーの吹奏楽作品についても、ミシガン州立大学シンフォニック・バンドを指揮した録音がある(DELOS)。

 ナクソスでグレインジャーの管弦楽作品をまとめたアルバムはこれ1枚で、シャンドスに Grainger Edition があるため、スーザやL・アンダーソンみたいには深入りはしなかったのだろうか。

 オケはスロヴァキア放送交響楽団。素朴で垢抜けない音がして地味で、この「北欧の王女へ」もヒコックス盤のような華やかさは無く、別の曲のようだ。

|

« グレインジャー 愉快な王様(The Merry King) | トップページ | アンパリト・ロカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495655

この記事へのトラックバック一覧です: グレインジャー 北欧の王女へ:

« グレインジャー 愉快な王様(The Merry King) | トップページ | アンパリト・ロカ »