« アルフォード作品集(英国王立海兵隊バンド) | トップページ | 新宿タワー »

グレインジャー ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ(ポリフォニー)

music CD

 ■ P・グレインジャー作曲/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ(Ye Banks & Braes o' Bonnie Doon)

 Img104

 ▲ ポリフォニー

 1994年録音。グレインジャーとグリーグの合唱作品を集めたアルバム。

 ポリフォニー(イギリスの合唱団)によるコーラス版。

 イギリス(スコットランド)民謡に基づく作品で、ゆったりとした8分の6拍子。旋律が2回繰り返されるだけのシンプルな構成。

 いくつかのバージョンがあり、中でも吹奏楽版は割と演奏される機会が多いのではなかろうか。

 その吹奏楽版も十分にいいのだけれども、何と言ってもコーラス版が素晴らしいのだ。

 まずは透き通ったハーモニーの美しさ、そして後半部に加わってくる『口笛』。

 聴いていると、いろんな光景が目に浮かび、得体の知れない懐かしい想いで胸がいっぱいになってくる。

 ちなみに、"&" で前後を区切って、「イエ・バンクスとボニー・ドゥーンの川のほとり」と訳されることもあるけれど(下記参照)、正確には「"Bonnie Doon(美しいドゥーン川)" の "Banks" と "Braes"」。

 Img106

pencil

 日本では、稲垣千頴(いながき・ちかい)の作詞により「思いいづれば」という文部省唱歌になっている...とのことだけれども、私は知りませんでした。もっと上の世代の方はご存知なのかもしれません。

 ちなみに稲垣千頴は、同じくスコットランド民謡による「蛍の光」(こちらは知っている)の作詞者でもあります。

|

« アルフォード作品集(英国王立海兵隊バンド) | トップページ | 新宿タワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495648

この記事へのトラックバック一覧です: グレインジャー ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ(ポリフォニー):

« アルフォード作品集(英国王立海兵隊バンド) | トップページ | 新宿タワー »