« グりエール 偉大なる都市への賛歌(エルムレル&ボリショイ劇場管) | トップページ | グリエール 交響曲第2番(ダウンズ) »

グリエール 交響曲第1番(ダウンズ)

music CD

 ■ R・グリエール作曲/交響曲第1番

 Gliere_1

 ▲ E・ダウンズ指揮/BBCフィルハーモニック

 1992年録音。

 作曲者が学生時代に書き始め、25歳の時に完成された最初の交響曲。

 一般的な4楽章形式。第2楽章(Allegro molto vivace)は4分の5拍子が主体。

 西欧的でありつつも、グラズノフのような素朴なロシア情緒があり、『若書き』という感もあるにしても、これが意外に楽しめる。メロディもいい。

 ドラマチックで濃厚な展開は無いけれど、コンパクトにまとまっているので、気楽に楽しめる音楽だ。

 ちなみに、グリエールはウクライナ生まれで、父親はドイツ人、母親はポーランド人(ベルギー系と書かれているものもある)。ロシア人の血は入っていないそうです

 カップリングは「赤いけしの花」組曲。

|

« グりエール 偉大なる都市への賛歌(エルムレル&ボリショイ劇場管) | トップページ | グリエール 交響曲第2番(ダウンズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495606

この記事へのトラックバック一覧です: グリエール 交響曲第1番(ダウンズ):

« グりエール 偉大なる都市への賛歌(エルムレル&ボリショイ劇場管) | トップページ | グリエール 交響曲第2番(ダウンズ) »