« ほっとコンサート | トップページ | コープランド 大都会のための音楽 »

コープランド エル・サロン・メヒコ(バーンスタインの旧盤)

music CD

 ■ コープランド作曲/エル・サロン・メヒコ

 Img074

 ▲ L・バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

 1962年録音。昔は「酒場メキシコ」という訳もあったけれども、実存するの酒場の店名、要は固有名詞なので「エル・サロン・メヒコ」というのが適切。

 演奏だけを聴くと、8分音符を基調としたリズム(変拍子)で楽譜が書かれているようなのだけれども、4分の4(や、4分の3)拍子で書いている部分もあり、ややこしい譜割りになっている。

 Mexico_3

 吹奏楽に編曲された版で演奏した(吹いた)ことがあるのだけれども、指揮者は「譜割を変えて」振っていた様に記憶している。

 その昔は「ロデオ」組曲の「カウボーイの休日」などと共に、吹奏楽で演奏される機会が多かったけれども、そのリズムの難しさ故か、最近では演奏機会は減ってきているように感じる。

 私が最初に聴いたのが、このバーンスタインの旧録音盤で、今もってこれが自分にとってはダントツの1位。

 ギラギラしたメキシコの太陽、砂っぽさまで感じる演奏(メキシコには行ったことがないけれど...)。最初のトランペットのソロは『酔っ払い』そのもの。

 その後、いくつもの演奏を聴いたけれども、これ以上のものには出会っていない

|

« ほっとコンサート | トップページ | コープランド 大都会のための音楽 »

コメント

お久しぶりです。
懐かしいですねぇ~。34年前、自分はこの曲が某吹奏楽団でのデビュー曲です。楽器を初めて4年目の自分にとって、この曲は非常に衝撃的でした。この曲のおかげで、その後少しは、変拍子に免疫が出来た様に思います。
確か、当時聞いた、本人指揮による演奏が非常に重くイメージが掴めなかった様に記憶しています。今、聞けば違うんですかねぇ~。 
余談ですが、先週、アルチュニアンが、お亡くなりになりました。合掌

投稿: Q | 2012/04/05 08時07分

 私は入団2年目でした。

 それまでは普通の曲しか演奏してこなかったので、いきなりのこれは強烈で、何が何だか分からずに、必死に吹いていたような気がします。

 あと、この時の演奏がコープランドを聴き始めるきっかけだったかも。

投稿: | 2012/04/05 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495510

この記事へのトラックバック一覧です: コープランド エル・サロン・メヒコ(バーンスタインの旧盤):

« ほっとコンサート | トップページ | コープランド 大都会のための音楽 »