« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(オーマンディ) | トップページ | ブリテン 「ピーター・グライムズ」から「パッサカリア」(ペシェク) »

アーノルド イギリス舞曲集(トムソン)

music CD

 ■ M・アーノルド作曲/イギリス舞曲集

 Arnold

 ▲ B・トムソン指揮/フィルハーモニア管弦楽団

 いくつかあるアーノルドの「舞曲集」の中で最初に書かれた曲。2つの『セット』があって(作品27と33)、いずれも4楽章形式。

 「ドヴォルザークの『スラヴ舞曲』のような曲を」という依頼で書かれた曲で、実存する民謡に基づくものではないそうです。

肩の凝らない、いわゆる『ライト・ミュージック』。親しみやすいメロディ、単純ではあるけれども、巧みな構成とオーケストレーション。華やかで元気のよい曲から、シットリと聴かせる曲まで、変化に富んだ、また工夫を凝らした音楽は聴いていて飽きることが無い。

 吹奏楽曲かと思われるくらいに管打楽器(特に金管)が活躍し、特に「第2集」で豪快かつ開放的に鳴る金管は聴いていて気持ちいい(ストレス発散系)。アーノルド自身が、元はトランペット奏者(@ロンドン・フィル首席)だったということもあるのか。

 金管は本当によく鳴っていて、演奏している方も気持ちイイのではなかろうか。こういうのを聴くと「金管、吹きたい!」と思ってしまう。

 ひたすら、ゴージャスなオーケストラ・サウンドを楽しむにはうってつけの曲。 

 トムソン盤には下記の5つの「舞曲集」が収録されている。

  1.イギリス舞曲集(第1集)作品27
  2.イギリス舞曲集(第2集)作品53
  3.4つのスコットランド舞曲 作品59
  4.4つのコーンウォル舞曲 作品91
  5.4つのアイルランド舞曲 作品126

 上記以外に「4つのウェールズ舞曲(作品138)」があるけれども、それは収録されていない。

 「3」は吹奏楽版でも有名。「4」「5」は『舞曲(=踊りの音楽)』というイメージからは外れてきていて、かなりシンフォニックな趣きがある。

cd

 その他の録音。

 Img159

 ▲ A・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団

 1954年録音。モノラルながらも活き活きとした素晴らしい演奏。


 Img188

 ▲ C・グローヴズ指揮/ボーンマス交響楽団

 1976年録音。

|

« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(オーマンディ) | トップページ | ブリテン 「ピーター・グライムズ」から「パッサカリア」(ペシェク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495530

この記事へのトラックバック一覧です: アーノルド イギリス舞曲集(トムソン):

« ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー(オーマンディ) | トップページ | ブリテン 「ピーター・グライムズ」から「パッサカリア」(ペシェク) »