« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ジュリアン・ユー編曲版) | トップページ | ショスタコーヴィチ 劇音楽「南京虫」から(ロジェストヴェンスキー) »

新宿のコタニ

 その昔、新宿に「コタニ」というレコード店があった。新宿通り沿い、伊勢丹の先で、今はマルイになっている場所。

 1階がレコード売り場、2階が楽譜や楽器売り場。その1階の右奥にあるクラシック売り場の担当者は、いかにも『クラシック好き』といった感じの、年配(?)の丸顔メガネの紳士。いつもスーツを決めていたように記憶している。

 当時はLP時代。1枚2,000円~2,500円。結構、高価な買い物で、特に枚数が多いオペラや全集物などは、そうそう簡単に買える代物ではなかった。

 それは高級品であり、どことなくハイソな文化の香りもし、それが店員さんの佇まいにも表れていたように思う。

 また、その方とはレコードについて色々とお話をすることもあり、今となっては味わえない雰囲気を持つ、独特の空間だった。

 そして、時は流れ...

 私がよく行く新宿のタワーレコードは、コンビニ風。ラフな格好の若者が手順通りの対応をする。

 人と接しているというより、ネットで買い物をするのと同様、表示された画面に情報を入力して、「OK」をクリックしていく感覚に近い。

 「ポイントは貯めますか、使いますか?」
 「会員登録するとポイントがX倍になりますけれど、どうしますか?」
 「レシートは袋の中に入れてよろしいですか?」

 別にそれで不便は感じないのだけれども、時々、あの「コタニ」のレコード売り場を懐かしく思い出すのだ。

|

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ジュリアン・ユー編曲版) | トップページ | ショスタコーヴィチ 劇音楽「南京虫」から(ロジェストヴェンスキー) »

コメント

今晩は。突然ごめんなさい。ブログを読ませてもらって、つい懐かしくなりコメントいたしました。
新宿のコタニ、私も以前クラシック売り場に勤務しておりました。丸顔メガネの紳士、この方は柿崎という担当者です。私も散々お世話になった大先輩です。
柿崎さんからは接客はもちろんいろいろなことをたたき込まれました。今でも年に一回程度お会いしております。かなりご高齢になられましたが、元気にしているようです。
私が言うのも変ですが、コタニをご利用いただき誠にありがとうございました。

投稿: Kosuge | 2014/06/03 17時58分

コメントありがとうございました。

「コタニ」は、私にとって本当に思い出の場所です。

柿崎さんとおっしゃるのですね。お元気で何よりです。よろしくお伝えください。

投稿: | 2014/06/03 21時08分

突然失礼致します。「新宿コタニ」私にとっても思い出深いお店で、その後が気になり検索するうちにこちらにたどり着きました。私が度々お世話になった店員さんは、この眼鏡の方とは別の方(お名前が違い、また眼鏡はかけておられず、色白面長の紳士でした)ですが、こちらに描かれた当時の空気は私の記憶そのもので、懐かしさに涙が…。
また、コメントの方とのやり取りも拝読し、横からですが私も安堵しました。
こちらの文章を拝見出来て、嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿: hana238823 | 2015/12/28 17時52分

hana238823様

こんにちは。コメントありがとうございました。

「音楽を聴く」環境・スタイルは当時と全く変わってしまいました。

昔の方が良かった、とは言いませんけれども、買ってきたLPレコードに自宅のプレーヤーで針を落とす時のときめきを懐かしく思い出します。

投稿: S | 2015/12/28 22時46分

20数年前、蒲田店に勤務していた者です。
柿崎さんが元気でいられるようで嬉しく思います。
新宿、渋谷、蒲田、百合丘・・・
福岡岩田屋にも店舗がありました。
あぁ懐かしい。

投稿: ひろかず | 2016/04/28 11時42分

若いころ(LPの時代)は本当にお世話になりました。
色々なところに店舗があったんですね。

投稿: S | 2016/04/28 22時59分

すいません。もし違っていましたらごめんなさい。
私の記憶では、「コタニレコード店」は確か今ある
「世界堂」の並びにあったような気がします。
当時、ベンチャーズのレコードを好く買いに行ってました。
もう一つは“英 亜里”さん(花の手拍子)の写真が、
サイドのウインドーにディスプレイされていて、それを見に行くのが楽しみの一つでした。
あぁ~良き時代!でしたね~♪

投稿: ラウタランカ | 2016/05/25 15時29分

おっしゃる通り、(新宿駅から向かって)「世界堂」の手前にありました。

ベンチャーズ、懐かしいですね。
私も当時大好きでレコードでよく聴いていました。

投稿: S | 2016/05/25 20時55分

新宿在住でコタニでは妹がエレクトーン教室に通い、私もクラシックギターを習いました。
レコード売り場の一番右奥には輸入盤コーナーがあり、中学、高校生の私どもは輸入盤の独特な香りを嗅ぎながら彼の地に思いを馳せたものでした。
狭い木造の階段の途中に中二階の微妙なスペースがあり、そこではエレキギターと、アンプ売り場がありました。私の初エレキギターとアンプはコタニで買ったフライングVとヤマハの20Wのアンプ。懐かしいです。

投稿: キッド | 2017/02/12 11時48分

当時の輸入盤には、見知らぬ世界に触れるような
楽しみ、ときめきを感じました。

> 狭い木造の階段の途中に中二階の微妙なスペースがあり

そう、そう。そういうスペースがありましたね。

私も自分の最初の楽器(フルート)を買ったのが
コタニの2階の楽器売り場でした。

投稿: S | 2017/02/12 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495449

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿のコタニ:

« ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ジュリアン・ユー編曲版) | トップページ | ショスタコーヴィチ 劇音楽「南京虫」から(ロジェストヴェンスキー) »