«  今年もよ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(エッシェンバッハの映像) »

パッヘルベル カノン(レーデル)

music CD

 ■ J・パッヘルベル作曲/カノン

 ▲ K・レーデル指揮/ミュンヘン・プロ・アルテ管弦楽団

 通奏低音+3声のカノン。弦楽合奏(+通奏低音)で演奏される場合が多い。

 人気曲なので録音も多いけれども、パッヘルベルのカノンと言えばレーデル。他の演奏とは1ランク、次元が違う。

 私は以下の3種類の録音を所有しているけれど、いずれもレーデル自身による編曲で、それぞれに異なった味わいがある。

 【その1】

 Canon_1

 弦楽合奏。LP時代から何度となく繰り返し聴いた録音。

 完全に『バロック音楽』という枠を超えている、特にエンディングへ向けての盛り上がりはロマン的であり、感動的。

 これを聴いてしまうと、古楽器系の演奏の何と味気ないことか。

 私が持っているのは、CD出始めのころに安売りされていたもので、曲目解説も一切無し。ただ、これを聴かずして、この曲は語れない。

 【その2】

 Canon_3

 オルガンと弦楽器による導入から、オーボエがメロディを演奏する。フルートも加わっているけれども、基本的にバロック音楽のスタイル。編曲のセンスも素晴らしい。

 「パッヘルベルのカノン/オン・パレード」というオムニバス・アルバムに収録。

 【その3】

 Canon_2

 前半から後半部の途中まで弦楽合奏でオーソドックスに進む。そこへハープが加わってくるのだけれども、これが見事に効果的、それまでの装いを一変させるのだ。シンフォニック・ポップス的な雰囲気を楽しめる。

 「クラシックの散歩道」というアルバムに収録。レーデルの編曲による、いわゆる「クラシック名曲集」。

|

«  今年もよ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(エッシェンバッハの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495420

この記事へのトラックバック一覧です: パッヘルベル カノン(レーデル):

«  今年もよ | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(エッシェンバッハの映像) »