«  奥さんの | トップページ | 題名のない音楽会(カルミナ…) »

L・アンダーソン 我が母校(L・スラットキン)

music CD

 ■ L・アンダーソン作曲/アルマ・マータ(我が母校)

 Anderson_s

 ▲ L・スラットキン指揮/BBCコンサート管弦楽団

 NAXOSから出ている管弦楽作品集の「第4集」に収録。

 以下の4曲から成る組曲で、演奏時間は6分半。

  1.教会の鐘(Chapel Bells)
  2.メイン・ストリートの新入生(Freshman on the Street)
  3.図書閲覧室(Library Reading Room)
  4.同窓会(Class Reunion)

 「アルマ・マータ(Alma Mater)」とはラテン語で母校(出身校)を意味し アンダーソンの母校であるハーバード大学への思いを綴った組曲。

 1曲目は、そのタイトル通りの美しい音楽。そして2曲目...。

 毎年4月になると、いかにも「私、新入社員です」といった風情の若者をよく見かけるけれど、この曲も、本人は得意気なのだけれども、周りから見ると何だか間が抜けている『新入生』と、それをからかう上級生を、効果音も入れて面白おかしく描写している。ふざけて吹いているとしか思えないクラリネットもおかしい。

 3曲目は静かな図書館の風景。心地よい3拍子のメロディが静かに流れ、やがて居眠りしたり、おしゃべりを始める学生が...(効果音入り)。

 そして、最後は母校への誇りを表すような、晴れがましい気分のフィナーレで曲を閉じる。

 とにかく抜群に面白い、アンダーソンの『隠れ名曲』。

|

«  奥さんの | トップページ | 題名のない音楽会(カルミナ…) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60496123

この記事へのトラックバック一覧です: L・アンダーソン 我が母校(L・スラットキン):

«  奥さんの | トップページ | 題名のない音楽会(カルミナ…) »